2017.07.15

"淡色サングラス"で夏は色気と爽やかさを両取り!【1】デカ丸&メタルコンビ

掛けるだけで圧倒的に洒落て見えるサングラスは掛けなきゃ損! 近年多様化するサングラスは、いまやれっきとしたファッションの一部と言えましょう。
そしてこの夏LEONがオススメするのは、レンズかフレームが透けた淡色のサングラス。その絶妙なヌケ感が、いまどきのサラリでユルリなスタイルに相性抜群なのですね。

どこか隙のある雰囲気が、「キメキメには見えたくない」という大人のオトコの悩みを解消し、それどころかかえってオトコの色気を引き出すという、一石二鳥の効果をもたらします。
写真/人物・黒沼 諭(aosora)、静物・小林孝至(イタルスタジオ)
スタイリング/中西真也 ヘア/TAKAO HAYASHI 
メイク/KIE KIYOHARA(beauty direction)
文/竹内虎之介(シティライツ)
2017年8月号より
GLCO サングラス
ほんのりと色気が薫る淡色ピンクのサングラス / 3万3000円/ジーエルシーオー(アイヴァン フレッドシーガル代官山)、男性●スーツ16万5000円/カルーゾ(エストネーション)、ポロシャツ3万7000円/クルチアーニ(クルチアーニ銀座店)、ネックレス10万円/SJX(SJX表参道ヒルズ店) 女性●サングラス4万9800円/マツダ(オブジェ・イースト)、ワンピース3万円/エストネーション

Type01 淡色×デカ丸

デカ丸のフレームには、掛けた人にリラックスした印象を与える効果があります。なので淡色をこのシェイプにのせると、淡色のもつヌケ感がさらに加速。つまりはいまどきのユルリな気分がもっとも凝縮されたサングラスということです。
女性にとっても親近感のあるスタイルゆえ、好印象を引き出しやすいカタチです。
タイムレスでミステリアスな魅力を放つ淡色オーバーレンズ / ボストンシェイプのメタルフレームとフレームよりも大きいレンズの組み合わせが、レトロにしてコンテンポラリーな空気感を醸すタイムレスなサングラス。フラット気味の淡色レンズが、さらにそのミステリアスな印象を加速させます。4万6000円/モンクレール ルネット、Tシャツ2万8000円、パンツ4万3000円(参考色)/ともにモンクレール(モンクレール ジャパン)、ブレスレット28万6000円/ハム(ストラスブルゴ)
淡色、デカ丸、オーバーレンズ。そんないまどき感たっぷりのサングラスが、白T一枚のサラリなこなしを俄然お洒落な装いへと変えてくれます。でもっていまはこういうさり気で気取らないお洒落が、女性の心をかえって揺さぶるのです。

クラシカルにしてクールな黒セル×淡色レンズ

4万2000円/トム フォード(トム フォード アイウエア)
キーホールブリッジを備えたボストンというクラシカルなスタイルをベースにしつつも、絶妙にアレンジの効いた深いシェイプがモダンな印象の一本。淡〜いブルーのレンズにも同ブランドらしいクールなムードが漂います。

淡色ピンク×淡色ミラーレンズがエレガントな印象

4万3000円/トーマス マイヤー(ケリング アイウエアジャパン カスタマーサービス)
ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブデザイナーであるトーマス・マイヤーの名を冠したブランドより。2層リムのグレイッシュな淡色ピンクがエレガントなヌケ感を演出します。

マットな質感の淡いブルーがクールで都会的な印象

5万9000円/マイキータ + メゾン マルジェラ(マイキータ ジャパン)
メゾンマルジェラとマイキータとのコラボによるボストンサングラス。あえて磨きをかけずラフなまま仕上げたアセテートの質感とクリアブルーのカラーがすこぶるクールな印象を醸します。

涼しげななかにも艶っぽい印象を醸すなめらかな淡色

2万8000円/エナロイド(サラディストリビューション東京)
クリアグレーのボストンフレームにブルーのレンズを合わせたクリーンな印象の一本。通常の3倍もの時間をかけて磨き上げられたなめらかなフレームが、涼しげななかにも艶やかな表情を醸し出します。

クラシックデザインをクールなトーンで仕上げた新鮮な一本

2万2000円/レイバン(ミラリ ジャパン)
クラシックなボストンスタイルの一本ながら、ブリッジのシェイプにモダンな印象が漂う最新作。ライトブルーのクリアフレームとバイオレットグラデーションミラーレンズのコンビネーションもすこぶるクールです。
PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!