2017.04.24

ランボルギーニ「ウラカン RWD スパイダー」リッチな開放感がたまりません!

やんちゃなオヤジさんは、人生を楽しむことがとっても上手。そういうライフスタイルにふさわしいのが「ランボルギーニ」の『ウラカン RWD スパイダー』。
この1台が人生をリッチかつ豊かに彩ってくれますぞ。

ルックスからしてスペシャルな1台です
ダイナミックで攻めの姿勢が感じられるウラカン RWD スパイダーのデザインは、人生を楽しんでいることがひと目でわかるアイコニックなもの。理屈抜きで格好いい、そう思わせる力があるのもランボルギーニの魅力のひとつといえましょう。こんなクルマでひと度、ドライブに出かければ、平日だって開放的な週末気分で過ごせるはずです。服はすべてスタイリスト私物

女性の好みに合わせるだけではなく、モテるオヤジさんたる者、自分という指針がはっきりしています。だからクルマもファッションも、選ぶ基準は自分が楽しめるかどうか。そのブレない基準があるからこそ、そこに女性は男を感じるわけで……。

となるとランボルギーニ「ウラカン RWD スパイダー」は、選ぶべきクルマの筆頭格に挙がるのではないかと。その理由は“オープン”と“RWD”(後輪駆動)に尽きます。まず屋根がないことによる効果は絶大なもので、それだけで非日常の気分が味わえる。しかもアグレッシブでエッジの効いたデザインですからテンションが上がらないわけがありません。だから、おもてなしグルマとしてもこれ以上ない選択。

やんちゃなオヤジなら惹かれて当然!
遊び上手でお茶目で憎めない。そんなやんちゃなオヤジさんのライフスタイルを体現してくれるのもウラカン RWD スパイダーの魅力。ソフトトップは50㎞/h以下なら約17秒で開閉可能、信号待ちで“はい、オープン”ってな芸当もできちゃいます。そして刺激的なエグゾーストを響かせれば、女性だって気分が高揚しちゃいますよ。

で、クルマ好きなオヤジさんをさらに痺れさせてくれるのがRWDというポイント。これまでさまざまなクルマをコロガシてきたオヤジさんも、ことウラカン RWD スパイダーに関しては明らかな違いを堪能できるはず。そのエキサイティングで一体感のあるドライビングエクスペリエンスは、一度味わうと忘れられなくなるほどの快感です。ともかくリッチで豊かなモテるカーライフを楽しみたいなら、これ以上の1台はない、ということなのですよ。

Lamborghini Huracán RWD Spyder/ランボルギーニ ウラカン RWD スパイダー

5

インパクトこの上ない内外装です 

ウラカンシリーズの中核を担うRWDのオープンモデルが登場! 全長×全幅×全高:4459×1924×1180㎜ 車重:1509㎏ 最大出力:580hp/8000rpm 最大トルク:540Nm/6500rpm トランスミッション:7速デュアルクラッチ 駆動方式:RWD 価格:2582万300円/ランボルギーニ(ランボルギーニカスタマーセンター)

4

オヤジ心をくすぐるインテリアも絶品です

文字どおりコックピットという言葉がふさわしいインテリアは、メカ好きなオヤジさんのハートを刺激するインパクトあるデザイン。街の羨望のまなざしを受けながらドライバーズシートで無邪気に喜ぶ子供っぽい姿に、助手席の女性も母性をくすぐられてオヤジさんがついつい可愛く見えてしまう、という効果も期待できるはずですよ。

■お問い合わせ
ランボルギーニカスタマーセンター 0120-988-889

写真/野口貴司(San・Drago) スタイリング/片野陽平 ヘアメイク/吉田葉づき 文/いとうゆうじ

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!