2017.06.19

デートに使える“ライブな多皿中華”って!?/西麻布「中国割烹 龍眉虎ノ尾(りゅうびとらのお)」

取材・文/江藤詩文

少数民族や知られざる地方の郷土料理にフォーカスしたり、小量多皿でいろいろな食材を味わえたり、お酒やお茶とのマリアージュを提案したりと、めざましく進化している東京中華。そんな中国料理シーンに「中国割烹」なるスタイルの新店「中国割烹 龍眉虎ノ尾(りゅうびとらのお)」が登場しました。

注目すべきは季節ごとに、食材は当然ながら、なんと料理人まで入れ替わるというユニークなシステム。現在は、日本人の船倉卓磨さんと、中国東北地方遼寧省出身の賈英海(ジィァ インハイ)さんのふたりが厨房を取り仕切っています。船倉さんは日本語、賈さんは中国語をしゃべりながらもお互いスムーズに通じ合い、テンポのいいコラボレーションから生まれるエネルギーが客席にも伝わってくるんですね。これもデートに有効な演出のひとつかと。

中国に強い母体企業のネットワークを活かして、料理人だけでなく、食材や調味料、インテリア、食の傾向に至るまで、本場のものを時差なくスピーディに取り入れるのが、このお店の強みというわけです。

メニューはおまかせコースのみ。内容は歳時記を表現した月替わりが基本ですが、その日のベストな食材によって、料理人ふたりのセッションからライブで料理が生み出されます。つまり毎日のようにメニューの一部が変わることもあるというわけ。割烹らしい即興料理の醍醐味を、中国料理で味わえるのも新しいところ。たとえば「岩かきの辛味だれ」は、殻を開けるところから調理が始まり、プリプリと身が張り詰めた大ぶりなソレを自家製の麻辣ダレで軽いヅケにするところまで、全部が目の前で行われます。ヅケの技術は、もちろん日本料理を応用したもの。取材時も、いま手に入るもっとも大きいサイズの白アスパラや、東京湾で揚がったスズキといった食材も、中国料理らしいスピード感でみるみるうちに調理されていきました。

日本人の好みに調整せず、しっかりと麻と辣を効かせたオーセンティックな料理もあれば、塩漬け玉子のソースを合わせた白アスパラといったやさしい味わいも組み込まれるなど、緩急をつけたコースには、ドリンクのペアリングもおすすめです。ワインのほか日本酒や紹興酒まで幅広くラインナップされ、ノンアルコールなら水出しの中国茶のメニューが豊富。

店内は、少人数にオススメのカウンター席を中心に、テーブル席やプライベートな個室もあり、デートや接待などさまざまなシーンに使えます。きっと来日した中国人ゲストのおもてなしにも喜ばれるはず。なぜなら北京や上海といった大都市のフーディーズのあいだで、今あえて日本へ中国料理を食べに行くのが流行しているとか。理由は、日本らしく繊細にアレンジされた料理を、大皿で取り分けるファミリースタイルではなく、個別にサーブされるコース式で楽しむという、本場・中国とはまったく違う体験ができるから、だそう。

まずは気になる彼女をお連れして、多皿中華のコースを五感でお楽しみください。

■「中国割烹 龍眉虎ノ尾(りゅうびとらのお)」
住所/東京都港区西麻布4-2-10
営業時間/ランチ11:30〜15:00、ディナー18:00〜23:00
定休日/日・祝
席数/32席

予約・問い合わせ/☎03-3486-5560

●料金/コース(13品)1万5000円(税サ別)

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!