2017.06.12

彼女と飲みたい! 「ジャックダニエル」の夏カクテル4選

取材・文/大石智子   撮影/松川真介

大人の男をワイルドかつ艷やかにみせてくれるテネシーウイスキー、ジャックダニエル。おなじみのあの黒いラベルは、他のウイスキーにはない男のロマンを感じさせるものです。

独自のワイルドさは、アメリカ・テネシー州の広大な自然のなかで作られていることが由来でしょう。ジャックダニエルは、サトウカエデから作った炭で一滴ずつ濾過する“チャコール・メローイング”製法を経て、その後、腕っぷしの強い男たちがひとつひとつ手作りで仕上げた樽で熟成されたもの。150年の伝統を引き継ぐ蒸溜所は、自然と古き良きアメリカの男たちの心意気を、ボトル内に注ぎ込めているのかもしれません。

さて、ここからが本題。ハードボイルドな一面もあるジャックダニエルですが、カクテルにすると、女性にとって優しい味わいになるのをご存じでしょうか? 実はジャックダニエルは、タフで優しい。これ人間の男だったら一番ズルいやつですね。

では、ウイスキーの新たな魅力を彼女に教えるべく、下記4つのジャックダニエルを使ったカクテルをご紹介します。

お家カクテル編:シンプルなレシピだから誰でも作れる!

Menu① 「ジャックジンジャー」

これからの暑いシーズンにぴったりなのが、このジャックジンジャー。ジャックダニエルとジンジャーエールを1:4で割ったカクテルで、材料がたったふたつなのでお家カクテルの定番としても活用できます。シンプルなレシピながらジャックダニエルそのものが奥深い味わいを秘めているので、飲みくちはいいけど軽いだけには終わらない。マジック的な美味しさのある一杯です。作る際は、辛めのジンジャーエールを使用するのがベター。

Menu② 「リンチバーグモヒート」

こちらも家で手軽に作れる一杯。グラスに潰したミントの葉10枚分を入れ、そのなかでジャックダニエルとコーラを1:2で割り、1/2個分のライムジュースを混ぜれば完成。モヒートと同じくクラッシュドアイスが理想的ですが、なければ普通の氷でもOK。またはコンビニで売っているアイスコーヒー用の氷で代用してもよいでしょう。コーラの甘さとミントの清涼感がジャックダニエルのバニラ香とはまり、テラスで飲めばバカンス気分に!

バーカクテル編:バー「ミントリーフ」考案の絶品カクテル!

Menu①「ジャックコラーダ」

まるでパフェのような可愛さもあるこちらは、ピニャコラーダのジャックダニエル版「ジャックコラーダ」。ジャック ダニエルにココナッツクリーム、バナナ、生クリーム等を混ぜてシェイクしたもので、飲めば“大人のミルクセーキ”のようなまろやかさ。そもそもジャックダニエルは牛乳割りでも美味しく、またバナナとの相性も抜群。デザート代わりにもなるけど甘ったるさはない、精度の高いバランスをお試しあれ!

Menu② 「ジャックティラミス」

ジャックダニエルはスイーツを美味しくする調味料とも感じるのがこちら。その名のとおり、ジャックダニエルを使用した“飲むティラミス”であります。ジャックダニエルに卵黄のリキュール、チョコレートリキュール、クリームチーズ、カカオパウダー等を合わせたもので、新感覚の甘美さ。このひと口でウイスキーの概念が変わるカクテルは、ディナーのあとにも最適。「デザートはバーでどう?」とも誘える一杯です。

以上、ジャックダニエルを使ったカクテル4選でした。最初のふたつはまずご自宅でチャレンジしてほしいですが、これらすべては六本木のバー「ミントリーフ」で飲むことが可能(ジャックジンジャー1000円、リンチバーグモヒート1500円、ジャックコラーダ1800円、ジャックティラミス1500円/税・サービス料別)。夏夜を彩るカクテルを、一度はお試しくださいませ!

■「ミントリーフ」
住所/東京都港区六本木4-4-4 メゾン六本木1F
営業時間/18:00〜翌4:00 無休 24席
URL/www.barmintleaf.com
問い合わせ/☎03-5411-2444
PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!