2017.01.24

輸入SUVの先駆車『ティグアン』が8年ぶりにフルモデルチェンジ

「フォルクスワーゲン」の『ゴルフ』や『パサート』と同じMQBモジュールで開発された5人乗りコンパクトSUV『ティグアン』。2008年に輸入SUVの先駆けとして登場以来、長年愛されてきました。今回、8年ぶりにファン待望のフルモデルチェンジが実現。導入されるグレードは、クラスを超えた先進安全技術と快適装備を標準装着する『ティグアンTSIコンフォートライン』と、先進装備をさらに充実させた『ティグアンTSIハイライン』、そして専用の内外装を備えた『ティグアンTSIアールライン』の全3グレード。スタイリッシュでスポーティな見た目とラグジュアリーな内装は大注目ですよ。

■新型ティグアン
メーカー希望価格/『ティグアンTSIコンフォートライン』:360万円
         『ティグアンTSIハイライン』:433万2000円
         『ティグアンTSIアールライン』:463万2000円
ボディーカラー/新色(ナッツシェルブラウンメタリック)を含む全6色
URL/http://tiguan.volkswagen.co.jp/
お問い合わせ/フォルクスワーゲン カスタマーセンター 0120-993-199

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!