2016.08.09

バー&クラブラウンジがさらにグラマラスに

「インターコンチネンタルホテル大阪」がリニューアル

■上:お好みのドリンクが飲めるイブニング ■左下:バーでは臨場感ある“滝”が流れます ■右下:専用メニューが選べるラウンジ

大阪を代表するランドマークのひとつがインターコンチネンタルホテル大阪。新大阪駅から近く、淀川を眺望できる風光明媚な好立地にあるホテル。最近では外国からのお客様も増え、高い稼働率を誇ります。そんなホテルが開業3周年を機に、バー「adee」と「クラブ インターコンチネンタルホテル 専用ラウンジ」をリニューアル。

もともと艶やかさを店名の由来とする「adee」は、店内にプロジェクションマッピングを導入。石を積み重ねた高さ4.5mの壁に轟々と流れ落ちる圧巻の“滝”は専属DJがプレイするラウンジミュージックとともに変化し、視覚・聴覚ともに一体感のあるエンタテインメントを提供してくれるのです。そんなバーには新たにスタンディングシートが設けられ、沈みゆくサンセットから淀川を会場に打ち上げられる夏の花火も、彼女としっぽり堪能できるようになりました。加えて約20種類のジンと厳選されたトニックウォーターに、ローズマリーやワサビといった多彩なフレーバーを楽しめるメニューも用意。これからの季節に実にぴったりかと。

また上層階の28階に位置する専用ラウンジも一部改装を経て、よりグラマラスに変貌。朝食時とカクテルタイムには従来のブッフェに加え、専用メニューからアラカルトで選べるサービスがスタート。カクテルタイムにはバーテンが立ち、食後酒も楽しめ、より大人っぽく魅惑的なクラブラウンジにリニューアルしたのです。外出せずとも居ながらにして食の都・大阪ならではの“食の体験”ができるわけで、これで彼女を誘う絶好の口実ができたというものです。ホテルを遊ぶオヤジさんは彼女と一緒に新たなラウンジ&バーをご体験ください。よりグラマラスになった大阪の夜はココで堪能ください。

文/堀川博之(本誌)



「インターコンチネンタルホテル大阪」


☎06-6374-5700(ホテル代表)

住所/大阪市北区大深町3-60 バー「adee」20F

営業/16:00~24:00(月~木曜日)、11:30~24:00(金曜~日曜・祝日)

「クラブ インターコンチネンタル専用ラウンジ」28F

営業/7:00~22:00 無休





大阪市北区大深町3-60

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!