2017.05.12

上質素材のタフジャケが リッチで男らしい!

ミリタリーやサファリがもつ骨太な魅力はそのままに素材や色合わせで洗練の度を高めているのが、昨今見られるイタリアオヤジのタフジャケ事情。"まんま"な野暮さとはかけ離れた昨今のタフジャケは、男らしさのなかにリッチさが薫る、やんちゃなスタイルに活躍必至のアイテムですぞ。

元来、ミリタリーやサファリなどのタフなジャケットとは、究極の実用服であり、その機能美こそが男ゴコロをくすぐるのです。が、問題は素材! 耐久性などが優先されるために、素材はどうしても重たくなりがち。それはそれで無骨で格好いいのですが、昨今の軽やかでユル〜い時代感とは、なんとなく合わなかったりもして。そこで、イタリアオヤジさんが目をつけたのが、ひと目で上質と分かる素材を用いたタフなジャケット。例えば下のイタリアオヤジさん。光沢感の美しいリネン素材や軽やかなコットン素材のソレをサラリと羽織ることで、軽やかで男らしく、そしてキチンと彼らのお洒落の根底でもあるエレガンスを薫らせているのですね。上質素材のタフジャケを一枚サラリと羽織れば、洗練されたいまの時代にふさわしい“リッチな男らしさ”が手に入るはず! 春から夏にかけてのちょい羽織りとしても最適なジャケットになりますよ。

アジあるシワ感がリッチです!

いつの時代も、ガシッと腕まくりをしたサファリスタイルが男らしくて格好いい。さらにアジのあるリネンのシワがリッチで洒脱です。

ジャストサイズならちょいモードな感じに

ハリ感のあるブラウンのミリタリーシャツが、男らしくも上品な印象を醸していますね〜! ジャストサイズでこなしているのが、ポイントかと。

リッチな素材が選びのポイント

タフで男らしい、という見え方だけじゃ〜モノ足りないというオヤジさんにオススメするのが茶の上質素材の4つポケジャケットです。シックな色味であれば都会的なイメージを強調しますし、さらに上質素材の一枚なら洗練されたリッチな男らしさが漂いますよ。

Item 01 ザラッとしたリネン風味のコットンミリジャケ

6万6000円/フォルテラ(伊勢丹新宿店)

アレッサンドロ・スクアルツィ氏が手がける一枚は、本格的なミリタリーテイストを踏襲しつつも、シルエットや上質な素材使いでモダンにアップデイトされています。

Item 02 柔らかな風合いが男らしくも美しいのです!

14万円/チンクワンタ(ビームスF 新宿)

シーズンレスで使用できる薄手のゴートレザー製サファリジャケット。リネン素材のライナーで、年中サラッとした着用感でお楽しみいただけます。くびれのあるシルエットも◎。

Item 03 これ一枚でラグスポスタイルが叶います

13万8000円/ヴァルスター(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

軽くて薄い上質なライトスエードを使用。優しげで上品なカフェオレ色と相まって、タフな一枚が軽やかかつエレガントな印象へと仕上がっています。

■お問い合わせ

伊勢丹新宿店 03-3352-1111

ビームスF 新宿 03-5368-7305

ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

写真/スナップ・木村金太、静物・蜂谷哲実 スタイリング/四方章敬 文/井原宏太(本誌)
2017年6月号より

LEON最新号で続きを読む


sam




2017年6月号 No.188 / 930円(税込)



やっぱり"欲しい"が止まらない



お洒落オヤジのコレが買い!




 お買い物って、やっぱり楽しいですよね。もちろん、シンプルな生活に人生の豊かさを見い出すという生き方もあります。でも逆にモノから始まるコトもある。良いモノがあればこそ、もっと楽しくなるコトだってある。さらにいえばモノを買う時の高揚感自体、立派な人生の醍醐味だと思うのですよ。そう考えると、お買い物は知的体験のひとつ。なくちゃ生きていけないわけではないけれど、あると一気に人生が色づく。当然失敗もありますが、だからやめられないのです。というわけで本特集では、そんな恋にも似た買い物熱を冷ますことなくお届けしようと思う次第。編集部員のリアルな声を交えつつこの春、LEONが感じた「コレ欲しい!」をストレートにお伝えいたします。






この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!