2017.05.08

これぞ、初夏グルメを制する極上ビアガーデン

風薫る5月に入り、すっかりビアガーデンが恋しい陽気になりました。ビール業界には気温が1℃上がるごとに売上が1%伸びる統計データがあるそうですが、やっぱりムシ暑い夏こそ、カラカラの喉に冷えたビールが最高に美味しく感じられますよね。そんな我々の乾きに訴えるべく、今年も日本各地のレストラン・バーがこぞってビアガーデンをオープンし始めておりますが、ラグジュアリー度合いではコチラに勝るところはなかなかないかと。

5つ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」にて毎年恒例で開催されるビアガーデン。開業20周年を迎えた今年は、その豪華さにさらに拍車がかかった模様です。ズバリ、「開業20周年記念 紳士淑女のためのラグジュアリー・ビアガーデン」は、例年のように5階の格調高い「ザ・バー」に続くオープンテラスで行われていますが、緑と噴水に囲まれた心地よさはさることながら、とにかくメニューの内容がスゴイわけでして。

ホテルのオリジナルビールをはじめ、国産はもちろん、ベルギービールやドイツビール、女性に嬉しいフルーツビールなどの20種類ものビールを堪能できる、まさにビアラバー垂涎のラインナップ。そして、“20周年特別アラカルトメニュー”がとっても豪華なのですよ。ロブスター海老フライ(トリュフのタルタルソース添え!)や近江牛のコールドビーフ(1kg!)といった各2万円のグルメでボリューム満点なメニューは、彼女を歓ばせるのに十分ですし、気の置けない仲間たちとシェアするのも盛り上がること必定。10月末までのロングラン開催ゆえ、ぜひ一度、聞きしに勝るラグジュアリーなビアガーデンをご体験くださいませ。

アラカルト例 ①/「ロブスターの海老フライ2尾 トリュフのタルタルソース添え」

アラカルト例 ②/「湯浅醤油の香りを付けた近江牛腿肉の炭焼きコールドビーフ1kg」

アラカルト例 ③/「〆のキャビア30gと鳥取日南産米のどんぶりと鳥骨鶏卵の温度たまご」

■「ザ・リッツ・カールトン大阪」の「開業20周年記念

  紳士淑女のためのラグジュアリー・ビアガーデン」

期間/〜10月31日(火)まで

営業時間/平日16:00〜、18:00〜、20:00〜、22:00〜

土日祝14:00〜、16:00〜、18:00〜、20:00〜、22:00〜

(※フリーフロー90分制 ※雨天中止 ※各回限定20席)

料金/5500円(税込・サ別)

料理/前菜プレート

(※20周年特別アラカルトメニュー5種類/各2万円[税込・サ別]は、

予約時にご注文ください)

予約・問い合わせ/☎06-6343-7020

文/編集部

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!