2017.04.27

東京・中央区 [マダム シュリンプ グレイス]

銀座の煌めきを眼下にシュリンプに舌鼓

眺めの良い限定6席のカウンター/銀座を眺めながら、横並びでシュリンプを。ワインはソムリエさんがいるので、セレクトしていただきましょう。海老だけのコースもオススメです。

オーナーがお店を開く時に最初から狙っていたという銀座8丁目の角地。
こちらの4階に8年前にオープンしたのが「マダム シュリンプ グレイス」です。
もともと同じビルの地下に「マダム シュリンプ」というお店を構えていて、あまりの人気に4階にもお店を出したのだそう。
「マダム シュリンプ」は16年になる老舗で、かなりの人気店であることがうかがい知れます。

種類によって"活き"か"締め"の仕入れを変えるのがシェフのこだわり/左から『オマール海老ダシのビスク』。濃厚な海老の旨味をギュッと詰めこんだビスク。たっぷりと味わって。続いて『オマール海老のグリル』。ズワイガニ、帆立、あさりを刻んでトマトで煮込んだ海鮮ラグーソースが自慢の逸品。『海老とトリュフとポルチーニ茸のクリームパスタ』。東南アジアのバナメイ海老を使用したクリームソースがパスタとしっかり絡んだ、リピーターの多い人気パスタです。実は海老は、コレステロールの低下や肝機能の向上、老化防止、免疫力強化、記憶力アップという、多忙なオヤジさんのカラダにうれしい食材なのです。

今回取材した4階の「マダム シュリンプ グレイス」のオススメ席は、銀座の夜の帳を望める6席のカウンター。
こちらでは年間なんと15種類以上の海老が扱われています。
ご存知の車海老、オマール海老、甘海老、伊勢海老、桜海老、牡丹海老、ブラックタイガーなど、よく見かける名前だけでもこんなに。
そのほかにも流行のニューカレドニアの天使の海老、富山の海の宝石と呼ばれる白海老、ソフトシェルシュリンプとして食べるバナメイ海老、北海道羅臼産の幻のぶどう海老など、世界中から海老が集まります。
海老でテンションが上がる女の子、結構多いです。銀座でシュリンプに乾杯。

淑女のトキメキポイント

こちらではなんとサンドイッチが7種類もあるの。もちろん、一番人気は贅沢な『海老カツサンド』。ご近所なら出前してくれるから、銀座のBARでお姉様と飲む時には、使わない手はありませんよ。

写真/棚井文雄 ナビゲーション・文/YULI*YULI
2017年5月号より

「マダム シュリンプ」もぜひ
地下の1号店「マダム シュリンプ」にもまるでBARのようなカウンター席が。ふたりの距離がぐっと近づく、寛ぎのロフト席も要チェックです。
☎03-3573-2888
東京都中央区銀座8-4-27 プラーザ銀座ビル 4F
営業/18:00~翌4:00、土日祝17:00~23:00 無休(年末年始を除く)
●オマール海老のグリル3685円、グラスワイン648円~

東京都中央区銀座8-4-27 プラーザ銀座ビル 4F

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!