2017.03.14

ジュネーブ新作時計速報 vol.2

今年も例年どおりに、1月にスイスのジュネーブで、S.I.H.H.をはじめとする
時計フェアが開催されました。新たな時計シーズンが始まったのです。
そしてその注目作が、まさにモテるオヤジさんにピッタリのものばかり。
どうやら2017年は次なる相棒を見つける絶好の年になりそうです。

写真/堀 応樹 取材・文/福田 豊

topic01

「ラグスポ時計」に
改めて注目!



ラグジュアリースポーツ時計はLEONが創刊当初から大オススメし続けているもの。そして今年はその大当たりの年。ラグジュアリースポーツ時計の草創期である1970年代に生まれた歴史的名作を祖とする魅力的な新モデルが大充実したのです。

Audemars Piguet [オーデマ ピゲ]

ロイヤル オーク エクストラ シン 各550万円(予価)

ラグジュアリースポーツの元祖の復刻作

1972年に生まれた世界初のステンレススティール製高級時計「ロイヤル オーク」がラグジュアリースポーツウォッチの始まり。そうして1977年にゴールドケースが登場。これはその40周年の復刻作。「AP」マークの位置など忠実な復刻が格好いい。自動巻き、18KYGケース(39㎜)×ブレスレット。9月発売予定/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)

セクシーさが大きな魅力の新作が、「ラグジュアリースポーツ」のモデルたち。ラグジュアリースポーツというのは、そもそもはヨットや乗馬やハンティングやフィッシングといった貴族的なライフスタイルのために生まれた時計で、それゆえスポーティではあるが超一級のラグジュアリーさを備えたもの。そのためドレス時計に匹敵するエレガントさをもち、男の腕元に色気を薫らせるのです。

そしてこれらは、どれもがラグジュアリースポーツ時計の草創期である1970年代に生まれた名作を祖とするモデル。ですからラグジュアリー感もセクシーさも抜群。オヤジさんの太くたくましい日焼けした腕元に、これまた最高にセクシーに似合うのです。

どちらも歴史的名作を祖とする魅力的新モデル

左●「オーヴァーシーズ」は創業222周年を記念した1977年発表の「222」を祖とするラグジュアリースポーツ時計の名作。新作の小振りサイズがいまどきです。自動巻き、SSケース(37㎜)×ブレスレット(レザーとラバーのストラップ付属)。今夏発売予定/ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ・スモールモデル/210万円(予価)

右●1979年に誕生した「ピアジェ ポロ」の進化版である「ピアジェ ポロS」の新作。名門ブランドの一本でありながらアンダー200万円という価格も魅力的。自動巻き、SSケース(42㎜)、ラバーストラップ。10気圧防水。世界限定888本。4月発売予定/ピアジェ ポロS/122万5000円(予価)(ピアジェ コンタクトセンター)

Girard-Perregaux [ジラール・ペルゴ]

ロレアート 38MM/112万円(予価)

ブランド創立225周年を記念して待望の復活

1975年に誕生したラグジュアリースポーツの名作「ロレアート」が復活。8角形ベゼルやケース一体型のブレスレットなどのデザインをほぼそのままに、随所がアップデイトされた大注目作です。自動巻き、SSケース(38㎜)×ブレスレット。100m防水。5月発売予定/ジラール・ペルゴ(ソーウインド ジャパン)

PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!