2017.03.06

アジア最高嶺のアワードに9軒ランクイン世界が注目する日本のレストランの魅力

食事はコミュニケーションには欠かせないもっとも大切なもの。意中の女性用に、取引先との会食用にと、新店や話題の店を常にアップデートしておくのがデキるオヤジというもの。で、そんな日本のレストランがアジアで大きく評価されているのです。人気、実力ともに間違いなく使えるレストランゆえ、リストアップしておいてソンなしです。

また、各部門賞においては、東京・銀座の『レストラン エスキス』よび『エスキス サンク』のシェフ・パティシエ、成田一世氏が「アジアのベストパティシエ賞」を、東京・神宮前の『傳』が「アート オブ ホスピタリティ賞」を受賞。様々なパフォーマンス、独自評価される結果となりました。

味以外にもトレンド性や情熱、冒険心や発信力までもが評価されるアワードですから、リストアップしておいて大切な会食や、絶対にハズせないデートなどに使うのがスマートですぞ。予約はお早めに。

■今年の「アジアのベストレストラン50」にランクインした日本のレストラン

6位/NARISAWA(南青山)

7位/日本料理 龍吟(六本木)

11位/傳(神宮前)

12位/レフェルヴェソンス(西麻布)

14位/フロリレージュ(神宮前)

18位/カンテサンス(北品川)

26位/鮨 さいとう(六本木)

34位/HAJIME(肥後橋(大阪))

50位/TAKAZAWA(赤坂)

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!