2016.10.14

その価値を決めるのはあなたの耳 Vol. 02

Brand01Bulgari[ブルガリ]



音色と造形美の両方を極める

数百というパーツを組み込むミニッツリピーターは当然ながらムーブメントも大きくなります。しかしブルガリは、エレガンスを忘れてはいません。

優れた設計思想と優れた美意識の融合

カットアウトされたインデックスの隙間から出てきた音は、ダイヤルと風防ガラスの間にある空間で反響し、理想の音色を奏でる。

ミニッツリピーターモデルの弱点は、ケースの大きさにあります。パーツ点数が多いためムーブメントは大きく厚くなりがちですし、ハンマーやゴングというほかにはない大型のパーツもあります。しかも音を美しく響かせるためには、反響させる空間も必要となる。そのため理想の音を追求するということは、どうしてもサイズ面で制約が生まれてしまうのです。しかしそこに一切の妥協を許さなかったのがブルガリでした。

オクト フィニッシモミニッツリピーター1900万円 / 自社製ムーブメントキャリバー フィニッシモ ミニッツリピーターの厚みは3.12㎜で、ケースの厚みは6.85㎜しかない薄型ミニッツリピーター。デザイン面でも妥協せず、ファセットカットのケースに合わせて、ミニッツリピーターを起動させるボタンを9時位置側にセット。シンメトリーな姿が美しい。世界限定50本。手巻き、Tiケース(46㎜)、アリゲーターストラップ/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)

『オクト フィニッシモ ミニッツリピーター』は、110面体で構成される美しいオクトのケースを6.8‌5㎜に抑えた超薄型のミニッツリピーターです。このモデルの最大の特徴はインデックスと数字を切り抜いたダイヤルにあります。なんとこの隙間を使って音をダイヤル側に逃がして反響させることで、薄型ケースでありながら音色にも妥協しない画期的なミニッツリピーターが完成したのです。美と技の融合にこだわるブルガリらしい一本です。

丁寧な仕上げも必見 / キャリバー フィニッシモミニッツリピーターは薄いだけでなく、仕上げにも力を入れている。メインテナンス性に優れた分割ブリッジの上にはコート・ド・ジュネーブと呼ばれるストライプ柄が入り、人工ルビーの穴石も大きい。

PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!