2016.09.01

LEON創刊15周年記念スペシャルトークショー開催決定!

15年分のモテるが詰まった特装版の販売です!

東京ディズニーシー開園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン開園、小泉内閣発足、JR東日本から「Suica」登場、アメリカ同時多発テロ事件、札幌ドーム完成、ウィキペディア発足……。これらはすべて今から15年前の2001年(平成13年)にあった出来事。時の経つのは速いと思う一方で、15年とはなかなかに歴史を感じさせるものであります。そんな最中に産声をあげた我々LEONも今年、無論のこと15周年を迎えるわけで。創刊からずっと表紙を飾り続けてきたジローラモはギネス記録を更新中、「15年前より今のほうがモテるヨ!」と元気いっぱいなわけですが、それもこれも日本全国津々浦々のモテるオヤジの皆さまに支えられてのこと。感謝感謝の言葉しかございません。

ならば、少しでも恩返しができないものか、と考案されましたのが、スペシャルトークショーの実施と特装版の限定販売、という企画。特装版は通常版と異なり、LEON15周年号がピッタリ収まるように設計された「ハイドロゲン特製クラッチバッグ付き」で、おまけに「スペシャル表紙ヴァージョン」となっています。気になる概要については下記詳細をご覧いただくとして、世界にたった300冊しかない特装版を入手すれば、モテの効果は数倍に!? 要チェックですよ!

ま、まさかの「ハイドロゲン」が付いてきます!

Point表紙もスペシャルに!?



Pointココンチといえばのスカルパターンカモ!



Point15周年号を記念して「15」のナンバリングを!



正直赤字の出血大サービスです……
読者人気抜群のハイドロゲンに、ダメ元でお願いしてみたところ、まさかの快諾!! LEON15周年号がピッタリ入るサイズで、その後もお洒落クラッチとしてしっかり使えるようオーダーしました。ココンチの十八番、スカル入りのカモフラ柄は軽やかなスウェット地で、裏に度詰めキャンバスを貼って強度も問題ナシ。15周年号にちなんだフェルトの「15」が効いてますね。本誌込みでこの価格は、赤字です……。


黒キャンバスの裏地に携帯やペンなどが挿せる3サイズの仕切りポケットを付けて。ちなみにロゴ入りのジップタブも特別に製作いただいたものです!


PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!