2016.09.01

懐かしの"赤プリ"跡地に斬新な内装の新ホテルが誕生!

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」がオープン

デイベッドに座ると宙に浮いているような気持ちに!/■上:ホテルの顔である「Sky Gallery Lounge Levita」。壁には世界でも活躍するグラスアーティスト・野口真理さんの作品が配され、特に夜が美しい! 夜景を入れる巨大な額縁のようでもあります。 ■左下:計250室ある客室のほとんどに、窓際に長いデイベッドを配置。 ■右下:男性用のサウナ&バスは大手町方面を望み絶景のなかお風呂や水風呂を楽しめます。デザインは国際的な賞も多くとるロックウェル・ヨーロッパ。

03-3234-1111 住所/東京都千代田区紀尾井町1-2 一室6万円〜(変動あり)

過ぎ去りしバブル時代のクリスマス、恋人たちはこぞって“赤プリ”の部屋をとっていましたよね。時は経ってホテルは2011年に閉鎖。その後、密かに開発が進み、ついにこの7月末に複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」がオープンしました。目玉はプリンスホテルの最新ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」。これまでのプリンスホテルとは一線を画す、最上級のホテルとして誕生しました。

「WASHOKU 蒼天 SOUTEN」は酒バーや寿司カウンター、鉄板焼カウンター、個室を備えすべてがスタイリッシュ。

まず圧倒されるのが35F・36F吹き抜けのラウンジで、天井高9mにわたる空間の両壁には滝のようなグラスアートが連なり、バーカウンターの向こうには巨大な窓ごしの景色。そして客室に入ると窓際に長いデイベッドがあり、腰掛ければ未体験の浮揚感に包まれます。スターウッドのラグジュアリーコレクションに東京で初めて加盟したのも納得の空間なのですよ!

文/大石智子

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!