2016.08.01

たまにはゆるりと 沖縄離島ホッピング

※本特集は2015年10月号で掲載した企画の抜粋です。

沖縄移住計画もあったほど!?
この島を愛して止まないジローラモが今回訪れたのはマングローブが生い茂る西表島と日本最西端の与那国島。
数ある沖縄の離島もそれぞれがもつ文化、目の前に広がる景観がまったく異なるのだから面白い。
本土にはない離島ならではの魅力をご紹介いたします。

マングローブの中をカヤックでの〜んびり/鬱蒼としたマングローブに囲まれた西表島を象徴する一枚。穏やかな流れに身をまかせるカヤックで身も心もリフレッシュ。

「実は以前、沖縄に住もうと思っていたんだよ。離島は本島と違った魅力があるから好きなんだよね」とジローラモ。離島に行きたいとのリクエストも本人からのアイデアでした。じゃあ離島をホッピングしちゃいましょう、というのが今回の企画。国内とはいえ、東京・大阪などからの直行便はなし。石垣島から与那国島へは飛行機か船で、西表島へは船で行くゆえ、「やっと来れた」という秘境に来たような達成感も人気です。

亜熱帯気候の西表島は広大なジャングルと透き通った海が魅力の島。お椀のような小島の間を縫うようにして進むボートからは海と山の両方が満喫できます。海のアクティビティはもちろんプライベートなビーチでのんびりするもよし、さらにジャングルクルーズやトレッキングまで楽しめる懐の深さ。海外のビーチリゾートとはひと味違ったエキゾチックな雰囲気もこの島ならではと言えましょう。

「山と海がこんなに近いなんて……。この景色のなかにいると本当に落ち着く」と終始リラックスなジローラモ。それぞれの魅力を求めて離島ホッピングは続くのでした。

旅慣れオヤジさんには隠れ家さながらのビーチがオススメ

ボートでしか行くことのできない「イダの浜」はプライベート感たっぷり。小島の間を抜けると突如現れる隠れ家のようなビーチなんです。

■上:一刻も早く海に飛び込みたがっていたジローラモは泳ぐ泳ぐ!■左下:「イダの浜」は透明度が高く透き通った海が魅力。■右下:色とりどりの魚に思わずうっとり。

■左上:西表島のシーサーはファニーフェイス。■右上:マングローブのなかをボートで散策。山と海に囲まれ、これが気持ちいいのなんの。■下:マングローブを抜けると「水落の滝」に到着。

PAGE 1/4

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!