2016.07.29

欧州ファッション・リポート London編 Part.2

2016年6月、イギリスはロンドンにはじまり、イタリアはミラノ、フランスはパリでそれぞれ開催されたファッションショーを取材したLEON編集部員の現地リポートをお届けします。来年の春夏はどんなファッションの傾向があるのか、小誌LEONはどこに注目しているのかなど、お伝えいたします。

文/堀川 正毅(本誌)

2016年6月10日〜13日

ロンドンコレクション London Collection:Men

前回に続き、2016年6月にイギリスはロンドンで開催されたロンドンコレクションについて解説します。コレクションは2017年春夏の商材ですが、いわゆる英国テイストなファッションは大きな流れとして2016年秋冬の商材にもみられる傾向なので、先の先をチェックすることで、この秋冬のお買い物の参考にしてくださいませ。

Close-Up 05

ベルスタッフ [BELSTAFF]

日本での本格的な展開がはじまったココンチは、相変わらずの男臭い世界感が炸裂。「ON ANY SUNDAY ESCAPE ON WHEELS」と題したテーマから伝わってくるのは、「バイク」「オイル」「疾走」といったキーワード。

というのも、イメージソースが1971年に公開されたブルース・ブラウン監督のバイク映画で、スティーブ・マックイーンが銀幕を飾った作品から着想を得ているそう。オイルで汚れた白のつなぎ風のセットアップ(しかも半袖!)や、お約束のレザーアイテムはさすがの安定感。今後、この世界観をどう発展させていくのか、期待したいところです。

Close-Up 06

シブリング [Sibling]

こちらはちょっとLEON的なテイストではないのですが、デニムとスウェットという、オヤジさんにとっても関心のある2大素材を組み合わせたアイテムの提案を行っていたのでご紹介。

鮮やかなスカイブルーを多用したアイテムは、ややもすると行き過ぎにも見えますが、ディテールに目を転じると取り入れられそうなものも。新鋭デザイナーとして注目を集めるシブリングは今後も要チェックです。

Close-Up 07

コーチ 1941 [COACH 1941]

スチュアート・ヴィヴァースが手掛けてから数シーズン、どんどんそのクオリティが高まっている感のあるコーチですが、今回目を引いたのは手元を彩るバッグの数々です。

レザーのトートバッグやデイバッグをスタッズやアクセサリーで遊ぶその勘ドコロは「欲しい!」な印象。ボルドーのウエアに身を包んだモデルの手元の真っ黒レザーバッグはコントラストが秀逸でした。

Close-Up 08

バーバリー [Burberry]

番外編を少々。このシーズンから”すぐ買える”というシステムを採用することになったことで6月にコレクションを発表することをやめてしまったバーバリーは、リージェントストリートにある旗艦店にてイベントを開催。

バーバリーのアイコンであるトレンチコートやバッグを中心としたレザーグッズを展示&モノグラミング・サービスの実演を行いました。

そのほか、広告キャンペーンやキャンペーンの絵画を手掛けたルーク・エドワード=ホールの作品展示も行うなど、いつものショーとはまた違った盛り上がりをみせたのでした。
いかがでしたでしょうか、今回のロンドンコレクションは。スポーティ、ストリート、デザインといった明日につながるキーワードを多く持ち合わせている一方で、リッチ、コンサバティブ、マチュリティといったラグジュアリーを語るうえで欠かせない要素が少々不足気味な印象。

しかしながらそれもロンコレの愛嬌と言うべきか、ミラノはパリにはない、なにかフレッシュさのあるコレクションの数々、トライを感じるショー演出など、ならではの魅力は健在でした。次回のコレクションも乞うご期待です!

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。