2016.06.14

オヤジのためのバッグカタログ

バッグはオヤジの"最大サイズのアクセサリー"と再三申し上げてきたように、最近ではバッグを含めてコーディネートを考えることが当たり前の時代になりました。となると、その選びも多岐にわたり、TPOに合わせセレクトも変わってくるわけで。だからこそ最大サイズのアクセは洒脱なものを場面によって使い分けたい。

今回は、太っ腹にオススメのバッグたちを全部見せちゃいますよ!

 

LEON的、注目バッグをピックアップ

今、オヤジが持つべき5つのバッグ

Louis Vuitton[ルイ・ヴィトン] 上品オーラを放つ伝統のモノグラム / ネイビースーツにネイビーのソリッドタイというシンプルなビジネススタイルに映えるのは、やっぱり伝統のモノグラム・モチーフのブリーフケースですよね。遠目からでもひと目で分かるオーラを放つ、デキるオヤジが持つべき逸品です。凛としたブリーフは品のあるモノグラム・モチーフで。W37×H30×D7㎝。14万8000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

今では男性がTPOによって自在にバッグを使い分けるようになりバッグの選びにセンスが表れてしまう、という時代になりました。"バッグは最大サイズのアクセ"ですから、洒脱なものを選ぶのが必須条件。

ここではシーンによって使い分けるべくLEON的オヤジが持つべき5つのバッグをご紹介致します。

 

Pick up 01 BRIEFCASE[ブリーフケース]

信用、信頼が欠かせないビジネスシーンにおいて、スマートでカッチリとした佇まいが、文句なしに仕事がデキそに見えるのがブリーフケースです。上質なレザーのブリーフを持てば、どこから見ても敵なし、ですよ。

Bottega Veneta[ボッテガ・ヴェネタ] 職人技が光る薄まちブリーフ / カジュアル感のあるデニムのセットアップも、かっちりブリーフを合わせると、たちまちデキそなオーラを纏えますよ。薄マチながらも、内ポケットに加え、外側の両面にもファスナーポケットがあるので収納力も抜群、というデキるバッグです。ブルートーンで統一した洒脱なスタイル。おなじみイントレチャートのブリーフはブルーのパイピングラインが目を引く新作。自立するカッチリ感もうれしいですね。W42×H29×D7.5㎝。41万円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

 

Pick up 02 MESSENGER[メッセンジャー]

手ぶらのような軽快感でカジュアルなシーンのお供にしたいのが斜めがけメインのショルダーバッグです。出自はスポーティなシーンで使用されていたわけですが、今や上質なレザーで仕立てられ、魅力的な後ろ姿を演出してくれますよ。

Loewe[ロエベ] ヒットを飛ばすパズルバッグの新作 / ダークトーンのコーデに映える上品なタンカラーがオススメです。上質な一枚革で仕立てられたグラフィカルなバッグのパターンもスタイリングのアクセントに。斜めがけだけでなく、シーンに応じてクラッチやハンドバッグなど、変幻自在に形状が変えられるのがパズルバッグの魅力。柔らかなレザーにキャメルの風合いの上品な色使いがスポーティながらもラグジュアリーなパズルバッグの新作です。W40×H24×D24㎝。33万3000円/ロエベ(ロエベジャパン カスタマーサービス)

 

Pick up 03 BACK PACK[バックパック]

カジュアルシーンで活躍してきたバッグパックも最近ではお洒落アイテムとして定着しつつありますよね。オヤジが選ぶべきは質のいいレザーを使った大人な逸品、となりましょう。

Tod’s[トッズ] 大胆オールレザー使いがシンプルシック / 使い込むほどに柔らかさが増す、ディアスキンを惜しげもなく使ったバックパック。シンプルなので、カジュアルからドレスのハズしまでカバーする万能なバックパック。これから旅に出るというリラックスしたスタイルが洗練されて見えるのは、上品なレザーのバックパックがあってこそ。もちろん見かけだけではありません。内側には財布や携帯電話を定位置に収納できるポケットが内蔵されているなど、機能性も文句ありません。上品なネイビーも人気です。W32.5×H41×D15㎝。19万1000円/トッズ(トッズ ジャパン)

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!