2016.06.08

「マイクロソフト・サーフェス」に新オプション

ビジネスに新しさを生むのはイタリア製の手触り感

見た目の高級感も堪りません/アルカンターラ素材のSignatureタイプカバーはサーフェス プロ 4、サーフェス プロ 3に対応。生地だけでなく、十分なキーストロークや、ガラス製トラックパッドによって使い勝手は抜群。285gの軽さも魅力のひとつです。

来はクルマのシート用として開発されたスエード調の合皮「アルカンターラ」。日本の東レが出資し、イタリアで製造されているこの生地は、ファッションの分野においても近年さまざまなブランドが取り入れていることは周知の事実でありましょう。そんなアルカンターラをデジタル機器にも採用したことに注目。この度マイクロソフトのタブレットであるサーフェスの専用キーボード付きタイプカバーに全面アルカンターラを使用したモデルが発売されました。そもそもアルカンターラは、水に強く手なじみが良くて滑りにくいことが強みの機能素材。ゆえにキーボードの生地としてもうってつけというわけです。これまでもレザーやアルミを使ったキーボードはありましたが、見た目と使い勝手を両立したこちらこそモテるビジネスマンに使ってほしいのですね。

マイクロソフト・サーフェス
2万2118円(税込)/マイクロソフト

(マイクロソフト カスタマーインフォメーションセンター)


この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!