2016.05.23

いま、モテる時計はヒネリが上手い!Vol.8

費用対効果が格段に高い複雑時計も満載

いつの時代も現状を革新させるのはルールブレーカーです。価格破壊ともいえる新作はまさにスイス時計の本質を問う野心作。プライスへの挑戦は、技術の価値をベールに包むのではなく、明らかにする健全性であり新たな魅力の創出につながるのです。

Tag Heuer [タグ・ホイヤー]

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T/167万5000円(予価)

トゥールビヨンもいよいよ新時代へ

昨年のコネクテッドに続き、むしろそれ以上の大激震をもたらしたのがバリュープライスのトゥールビヨンだ。搭載する自社ムーブメントは精度もクロノメーター認定のお墨付き。自動巻き、Tiケース(45㎜)、アリゲーター×ラバーストラップ。100m防水。8月発売予定/タグ・ホイヤー

Frederique Constant [フレデリック・コンスタント]

スリムライン パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール/125万円(予価)

永久カレンダーもここまでプライスダウン

すでに19種の自社ムーブメントを揃えるなか、満を持して初のパーペチュアルカレンダーを発表。大径の文字盤は視認性も高い。自動巻き、RGプレートのSSケース(42㎜)、クロコダイルストラップ。3気圧防水。7月発売予定/フレデリック・コンスタント(GMインターナショナル)

写真/堀 応樹(てるうちスタジオ) 取材・文/柴田 充

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!