2016.04.29

これがジャケット選びのモテるキモ

やっぱりオトコのファッションの基本はテーラード型のジャケットにあり。

今日は、生地や縫製の進化も相まってジャケットのバリエーションは多種多様。ゆえにアッチの雑誌ではコレコッチの雑誌ではアレと、どこも太鼓判がバラバラなもんだから正直どれが正解なのよ、というのが本音でありましょう。

そこで、小誌が今季オススメのジャケットを厳選リコメンド。アレやコレや情報を紐解きながらモテるためのジャケットをご紹介いたします。

Lanvin[ランバン] モードな緊張感が美しさの秘密 ムラ糸の少ない平滑なデニム地により、ドレッシーなテイストの強い1ボタン仕様。上襟のヒゲをあえて露出させたデザインに、タイユール(仏語でテーラー)の矜持が見て取れます。25万1000円/ランバン(ランバン ジャパン)

 

若々しく都会的かつイマドキ最有力です

普段使いにマットな 「シャカジャケ」

合繊独自の軽快感からスポーティ色の強いナイロン素材。そんなスポーティ色はそのままに、今日は生地の進化によって高級感も十分に備わったマットなナイロン素材が多数出てきているのですね。つまり、ワードローブに加えていただきたいジャケットの最有力というわけ。軽く機能的にして、しかも大人シック。カットソーやポロシャツといった軽めのインナーになる夏だからこそ最適な一着です。

日本が誇るハイテクナイロンはタッチも極上! 微起毛の合繊素材を使用し、優しいタッチとコシのある素材感が楽しめる新作。内部パーツの取り付けで、重ね着風スタイルも楽しめます。ジャケット3万8000円/ティモーネ(ティモーネ東京ショールーム)

 

ここゾ!の時の、そのこなれ感が新しいんです

キメのシーンにドレスな「デニジャケ」

パーティーやレストランで見かけるドレスコード「スマートカジュアル」。基本的にはジャケット着用ということだけで正解なのですが、ドレス顔したデニム地のジャケットで現れるのが最高に素敵なオヤジさんを演出します。適度に薫るデニムのリラックス感が、ふたりの空気をジンワリと和ませてくれるのですね。

TPOをわきまえつつもこの砕け感がなんとも小粋! どんなパーティーでも私服然とした装いはナンセンス。礼服を意識したデニム地ジャケットなら大概の場面にフィット確実。初対面でも打ち解けやすく、しかも品格まで十分漂いますよ。男性:パンツ11万8000円、チーフ9000円、ベルト3万9000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京)、シャツ2万3000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム) 女性:ドレス11万9000円、ブレスレット3万9000円/ともにディースクエアード(ディースクエアード 東京)

 

リゾートのユルさとリッチ感が気分です

ジャケ+短パンには 「パイルジャケ」

イタリアオヤジを見ると、ジャケットに短パンは多く見受けられます。が、それはファッションが大好きな一部のオヤジに限ったお話でして。とはいうものの、夏場に短パンは誰もがはきたいアイテムのひとつ。そこで、今季豊作のパイルジャケが最高なのです。リゾート由来のフワリな質感が短パンのリラックス感と好相性。夏のジャケ短パンは、パイルこそベストオブベストと断言します!

Giorgio Armani[ジョルジオ アルマーニ] とにかく軽い着心地がリゾート気分を盛り上げる 素材に徹底的にこだわるアルマーニのパイルは、官能的な滑らかさと夢のような軽さがポイントです。立体裁断のテーラー仕立て。ジャケット26万円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!