2016.04.23

仕事なんて最高だ!

金曜の夜から日曜まで予定がびっしり、なんて聞くと人生楽しんでるな〜と思いますよね。もちろん、ある意味そうなんですが男にとって人生でもっとも長い時間を過ごすのは「仕事」の時間。

ならばそこを楽しんでこそ、本当に人生を楽しんでいると言えましょう。と言うかどこまでが仕事でどこまでが遊びなのか、わけがわからないくらいアグレッシブに生きている男こそが格好いい、とLEONは考えます。

そして、ここが重要なんですが、そういうオヤジさんというのは間違いなく仕事がデキますから、当然モテます。というわけで、余暇の時代と言われる今、あえて言わせていただきます。そう、モテるオヤジは、仕事を遊ぶのです!

 

どちらもデキそに見えませんか?

ホワイトカラーとブルーカラー。そんな言葉がもはや意味をなさない現在においてビジネススタイル=スーツとは限らないですよね。それどころか、時にTシャツとデニムで仕事をこなす人のほうが活躍していたりする世の中です。要は着ている服でオンオフを分けるなんてナンセンスということ。

ただし仕事のデキるオヤジというのは着ている服がスーツであれTシャツであれ、明らかにデキそなオーラが漂っている。じゃ、その "デキそ" っていったいな何なのよ?というのが、本特集を通してお伝えしたい趣旨なのです。例えば、件の服装で言うと何を着ているかではなくどういう意識で着ているかが肝要だとLEONは考えます。つまり、仕事服を意図的に選び能動的に自己演出をしているかどうかがデキそに見えるか見えないかの分かれ目じゃないか、と。そしてそういう積極的な態度こそが仕事を楽しむってことだと思うのです。

■右:Tom Ford[トム フォード] 隙のない3ピースが逆に遊んで見えるのです グレンチェックの3ピースで、チェンジポケット付きのジャケットにベルトレスのパンツ。そんな濃厚な英国風味をスリムなシルエットに封じ込めたスーツで、ビシッとキメる。仕事着=スーツではない今だからこそ、あえてのクラシックスタイルが「楽しんでるな〜」と映るのですよ。左・スーツ74万円、シャツ6万5000円、タイ2万8000円、チーフ2万2000円/すべてトム フォード(トム フォード ジャパン)、メガネ4万7000円/トム フォード アイウエア、その他はスタイリスト私物


■左:Fendi[フェンディ] 節度があればTシャツだって立派な仕事服です Tシャツで仕事というのも、いまや珍しくはありません。節度と着こなしのキモさえ押さえれば、むしろデキそに見えるのです。男性:Tシャツ3万9000円、ニット(参考商品)、パンツ6万8000円、靴13万1000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン)、メガネ3万2000円/オリバーゴールドスミス(デコラ)、時計330万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京) 女性:ワンピース27万円、靴11万7000円、リング4万1000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン)

だって、楽しむというのは、言うまでもなく意図的で能動的なことですもんね。そう考えると3ピーススーツをあえてキメッキメにキメるのもTシャツ姿で軽やかに世界を飛び回るのもどちらもデキそな男のスタイル仕事を楽しむオヤジの姿と言えましょう。もちろん、意図的であれば何でもいいわけじゃありません。そこにはやっぱり仕事の場にふさわしい節度や "デキそ" に見えるポイントというものがありましてパーティーシーンのドレスアップスタイルともプライベートタイムを寛ぐためのTシャツ姿とも違う装い方があるのです。

で、そのあたりの違いをも意識的に楽しみつつ周りの人まで前向きな気分にしてあげるのが真に仕事のデキるオヤジというもの。当然、そういうオヤジさんの周りには人も情報も集まってきますから、ますます仕事が面白くなり、ますますモテるというわけです。 "デキそ" を装い仕事を "遊ぶ" 。そんなオヤジさんってやっぱりモテると思うのですね。

 

「スーツがド・クラシック」

仕事服のカジュアル化が進む今だからこそキメるのです

LEONでは、スーツが仕事服の基本だなんて言うつもりはありません。むしろ仕事のドレスコードがどんどんユルくなり、自由なスタイルが認められる時代なんて面白いじゃないか! と素直に歓迎しています。でも、ですよ、そんな時代だからこそ、あえてのドレスアップが面白い、とも思うのです。で、どうせやるならダークカラーの3ピーススーツで徹頭徹尾クラシックにキメるのがオヤジの余裕。

さらにタブカラーシャツやタイバー、カフリンクスといった小物を駆使して“盛装”を極めるというのも手。少々コスプレに見えてもいいんです。それこそ仕事服を遊ぶわけですから。しかも、どんなに盛っても品位を失わないところがクラシックの本領。ですので、心置きなくスーツを遊んでくだされば、と思う次第。もちろん、スーツ姿のキマった男を嫌いな女性はいませんしね。

Ralph Lauren Purple Label[ラルフ ローレン パープル レーベル] ストイックゆえに滲む色気がクラシックの魅力 上質な英国製の服地を用いた3ピースを、ストライプシャツと小紋タイでこなす。そのストイックな装いから、むしろ男の色気が滲むのです。スーツ62万円、シャツ3万9000円、タイ2万6000円、タイバー4万7000円/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)、その他はスタイリスト私物

 

「なんならオフィスでデニム」

こなれたデニムだからこそなにしろ節度が肝要です

IT系に象徴される自由な気風の職場では、デニムにTシャツで仕事をするという姿も、今や決して珍しいものではありません。でも、だからこそ、そこには節度が必要なのです。だって、いかにクリエイティブな仕事とはいえ、誰にも会わないわけじゃない。その時、ヨレヨレのTシャツにズタボロのクラッシュデニムでは、仮にそれがファッションであっても、なかなかデキるオヤジには見えませんよね。ところが、上質で清潔感ある白Tと、ステッチも控えめなリジッドカラーのテーパードデニムならどうでしょう。一転、楽しみながら仕事に集中しているクリエイティブ系“デキそなオヤジ”と映るはず。これがLEONの考える節度の重要性という意味です。

さらに、このあたりの考えをもう一歩進めてみると、デニム素材のスーツというアイテムも浮上してくる。なにしろスーツですから節度の確保は間違いなし。タイドアップでキリッと装えば、たいていの仕事は難なくこなせてしまうでしょう。それでいて素材はデニムですから、普通のネイビースーツとは、こなれ感が全然違う。結果的に、仕事をとことん楽しんでいるデキそなオヤジが完成する、というわけです。

Belvest[ベルヴェスト] デキそなオヤジはスーツがデニム 極上仕立てのデニムスーツをキリッとタイドアップで。貫禄と遊びとこなれ感が漂います。ね、デキそに見えるでしょ。男性:スーツ25万円/ベルヴェスト(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、シャツ3万8000円/イザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン)、タイ1万3000円/ラルディーニ、チーフ4800円/アイネックス(ともにストラスブルゴ)、ベルト1万6000円/アンボワーズ(アマン)女性:ワンピース3万1000円/シネクァノン(ストックマン)、カーディガン19万5000円/レ・コパン(サン・フレール)、バングル2万6000円/リンクス オブ ロンドン(リンクス オブ ロンドン青山店)、その他はスタイリスト私物

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!