2016.04.12

テクノロジーの進化が 夜ドライブを劇的に変える 〜Vol.2〜

※本特集は2016年4月号で掲載した企画の抜粋です。

24時間レースへ出場する理由はここにある

アウディもまた夜ドライブに関して早くから興味をもち、開発をしてきたメーカーだ。代表的なところでは当初A8に搭載されたLEDヘッドライトが挙げられる。これは単に照射距離を延ばすだけでなく、センサーが人や対向車を感知すると、そこに影を作りライトの眩しさを妨げるという機能をもたせた。その意味でも実用性の高いテクノロジーだと言えるだろう。

 

実はアウディが夜間走行を円滑に行うために技術開発をしたのにはちゃんと理由がある。それはレースでの経験。彼らはサーキットを“走る実験室”と形容するがまさにそれに当たる。

具体的にはル・マン24時間レースだ。午後3時のスタートから24時間走り続けるのだから夜間走行の対策は必要となる。一周約13キロのコースは一般道も含まれるため、夜は街灯のないところもあるのが現実だ。ヘッドライトの光を頼りにアクセルを踏み続けるのだから、ドライバーの負担は相当なものに違いない。前述のLEDヘッドライトと自動的にハイとロービームを切り替えたりする技術は、そうした環境のなかの産物となる。

 

新型TTはアウディ初のフルデジタル多機能メーター「アウディ バーチャル コックピット」を採用。オーディオやNAVIの操作は、目の前を見るだけで済むので、より安全性が向上。

そのアウディの最新の夜ドライブアイテムは、アウディバーチャルコックピットかもしれない。これは新型TTに装備された12・3インチの大型ディスプレイを用いた機能で、左右に独立したタコメーターとスピードメーターを映す“クラシカルビューモード”とそのふたつのメーターを小さくし画面のほとんどをナビ画面にする“プログレッシブビューモード”を表示するというものだ。さらにハイパフォーマンスのTTSを選べば、タコメーターをセンターにした“スポーツレイアウトビューモード”も選べるという。

 

モニター類をメーターパネルに集約させたことによって、アウディならではの赤いイルミネーションとアルミの質感が強調された。アウディ特有の色気を感じさせる部分だ。

で、ナニが言いたいかというと、これが夜ドライブでは効果が大きいということ。というのも、暗がりで光を見るのは目が疲れるため少ない情報のほうが効率的となるからだ。これは夜間飛行する飛行機のコックピットでも同じ。最低限の計器だけに光を与え、目の疲れを防ぎながらパイロットの集中力を高めるようにしている。といったように新技術を次々に投入するアウディ。ル・マン24時間レースを通して夜間走行のすべてを知り尽くした彼らから目が離せない。

 

AUDI [アウディ]

クルマにおけるLEDの先駆者はまた一段と凄みを増した

Audi TT Roadster[アウディ TT ロードスター] 3代目TTはさらにハンサム顔に

曲線よりも直線を基調とした新型TT。ボディサイズは全長4180×全幅1830㎜と小さくなった。クーペも用意。605万円/アウディ(アウディコミュニケーション センター)

 

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!