2016.03.14

時計を持つことで 見えてくる世界がある Vol.04

Topic引き続き小振りも薄型も人気です



4~5年前から復権してきた小振りと薄型が、今年のS.I.H.H.ではさらに充実。「ちょい小振り」や「超薄型ドレスモデル」が大オススメのLEONとしては、喜ばしい限りなのです。

Panerai[パネライ]

小振りラインに魅力的な新作が登場

PAM655 ラジオミール 1940 3デイズ オートマティック アッチャイオ-42㎜/116万円(予価)

42㎜径はミリタリー仕様の大型ケースを祖とするパネライでは小さめサイズ。その新作は「ラジオミール 1940」初の白ダイヤルが魅力です。自動巻き、SSケース(42㎜)、カーフストラップ。今春発売予定/パネライ(オフィチーネ パネライ)

Vacheron Constantin[ヴァシュロン・コンスタンタン]

ダイヤ巻きで男女問わず使えます

オーヴァーシーズ・スモールモデル/310万円(予価)

先にもご紹介した、第三世代に進化した「オーヴァーシーズ」の「スモールモデル」。37㎜径の小振りなサイズかつスモセコ、アリゲーターストラップも付属しているのでドレスウォッチとしても◎。自動巻き、SSケース(37㎜)×ブレスレット(アリゲーターとラバーストラップ付属)。6月発売予定/ヴァシュロン・コンスタンタン

PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!