2016.03.11

時計を持つことで 見えてくる世界がある Vol.03

Topic色モノも進化の証です



鮮やかなカラーリングも技術革新などにより可能となった、つまりはハイテクモダンの象徴となるもの。今年のS.I.H.H.でも、そんなカラフルな新作を複数のブランドが発表。目を楽しませてくれたのです。

Cartier[カルティエ]

オールブラックがハイテクでモダンな雰囲気

バロン ブルー ドゥ カルティエ カーボン ウォッチ/75万2500円(予価)

ケースもストラップも黒にした「バロンブルー ドゥ カルティエ」初の真っ黒モデル。クラシックな雰囲気がモダンクラシコに。自動巻き、ADLC加工のSSケース(42㎜)、ブラックカーフスキン ストラップ。6月発売予定/カルティエ(カルティエ カスタマーサービスセンター)

A.Lange&Söhne[A.ランゲ&ゾーネ]

超複雑機構モデルのさらなる進化形

ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン/29万5000ユーロ(参考価格)

クロノグラフの名作「ダトグラフ」に、パーペチュアル・カレンダーとトゥールビヨンを加えた新作。トゥールビヨンをダイヤル側に見せないのが洒脱です。手巻き、Ptケース(41.5㎜)、アリゲーターストラップ。世界限定100本。10月以降発売予定/A.ランゲ&ゾーネ

トゥールビヨンの精巧な動きは裏面で見ることが可能。
「ダトグラフ・パーペチュアル」の超複雑機構ムーブメントとも全く異なる設計でトゥールビヨンを搭載した超精密な作りが圧巻です。


PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!