2016.02.24

オヤジの「白」は不良の色

というわけで今回は、オヤジにとっての白を徹底的に検証し、オヤジのための白をとことんご紹介していきます。

味わい深いシワの刻まれた顔が白を着るからこそただのさわやかに終わらないこと……。着る人の内面を映し出してしまう白だからこそオヤジにとっては色気や余裕を醸し出せること……。そんな、これまでほとんど語られてこなかった白の効能をお伝えするとともにオヤジであることのアドバンテージを改めて感じていただければと思う次第。

そう、白は黒同様、不良なオヤジにこその色なのです。

Dolce&Gabbana [ドルチェ&ガッバーナ] /リッチで不良そって例えばこんな塩梅です
極上レザーのブルゾンはオヤジの鉄板ワードローブですが、コレが真っ白になるとこのとおり。リッチと不良さが漂うってワケですよ。
ブルゾン35万5000円、Tシャツ3万円、パンツ5万5000円、ブレスレット(参考商品)、靴5万9000円/すべてドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、メガネ3万円/ドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ アイウエア)、時計211万円/ウブロ、アルコランプ25万円/フロス(日本フロス)

 

Jacket 不良(ワル)とリッチが両立するタフジャケが白!

ミリタリージャケットの色といえば、元来オリーブやカーキが相場。それが白になると、なにやら俄然品よくリッチに見えてくる。とはいえミリジャケですから、もちろんタフさは薫り立つ。結果、エレガントで不良そ、という絶妙の塩梅となるのです。

1 piu 1 uguale 3 [ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ] /「何者?」が漂うリッチで不良そなM-43
タフでシックなM-43を眩しいほどの純白で包んだ一着。ストレッチ性の高いポリエステル素材にして高級感のあるマットな質感、というあたりも大人っぽいのです。6万5000円/ウノ ピュウ ノウ グァーレ トレ(ウノ ピュウ ノウ グァーレ トレ 六本木ヒルズ店)
ミリタリージャケットの骨太な男らしさと、白のもつエレガントで圧倒的にリッチな雰囲気が融合した、不良いオヤジのためのM-43。こういうジャケットを羽織り、夜のラウンジでグラスを傾ければそれだけでタダモノでないオーラが立ち昇ります。男性●ニット3万5000円/クルチアーニ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、パンツ3万500円/インコテックス(スローウエアジャパン)、時計52万円/ゼニス 女性●ワンピース3万3000円/ミュラー オブ ヨシオクボ

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!