2016.02.18

ロベルト・P・デュラン プレミアムシリーズ リオトア ロブスト

Roberto・P・Duran Premium Series Rio Toa Robust

1400円(1本)、2万8000円(1箱20本入り)サイズ:127㎜(長さ)×20.64㎜(直径)問LA CASA DEL HABANO by CIGAR CLUB ☎03-3583-7130

伝説的なボクサーと同じ名を冠したパンチの効いた一本

ロベルト・デュランという名前を聞いて、思わず拳を握ってしまった方、間違いなくボクシングファンですね。デュランは、1980年代に活躍した、パナマ出身のボクサーの名前。当時、不可能といわれたボクシング世界三階級の制覇を成し遂げた伝説的なボクサーです。なかでも、レナードやハグラー、ハーンズといった強敵との戦いは、ボクシング史に残る名勝負といえるでしょう。これらの試合は、世界で生中継されて、僕もリアルタイムで観戦していましたから、LEON世代でデュランのファンは多いと思います。デュランが初めてレナードに勝った日は、パナマ中が大騒ぎ。その日は、「デュランの日」という国民の休日にもなりました。プライベートでは、愛ライオン(愛犬ではない)をつれて散歩するのが日課など、逸話も豪快。

さて、今月の一本のロベルト・デュランは、ボクサーのデュランとは全く関係はありません。同姓同名の葉巻プロデューサーによるブランドです。彼は葉巻通にはよく知られた人物で、キューバのみならず、世界40カ国で20年以上にわたり、シガービジネスに携わったそうです。特に、ニカラグアの葉を使って、オールドキューバの伝統的な製法でつくるスタイルに定評があり、色々なシリーズも展開しています。この一本は、同ブランドのシグネチャーシリーズですね。6サイズ展開している中の、RIO TOA(リオトア)と名づけられたロブストサイズ。アタックこそフローラルでまろやかですが、中盤から終盤にかけて、石の拳デュランのように、がつんとタフに攻めて来ます。いい意味で、ニカラグアのイメージを変えるパンチの効いた一本に仕上がっております。

中村孝則●コラムニスト

世界各地を独自の視点で読み歩き、さまざまなメディアでラグジュアリーライフを提案する。先頃、シガー評論家の広見譲さんと共著で、シガー専門書「ザ・シガー・ライフ」(オータパブリケーションズ)を出版。

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!