2015.12.15

コンセプトカーが未来の世界を映しだす〜Vol.2〜

アウディは天然ガスを用いたコンセプトカーを発表

8年ぶりのモデルチェンジを行い、従来の1・4リッターより燃費が良い2リッターエンジン搭載などで話題を呼ぶ新型A4を出したばかりのアウディ。さらにその先に目配りしていることを、ショーでは強調していた。

アウディA4には、ドイツではインフラも整っている天然ガスを燃料に使うハイブリッドモデル、g(ジー)トロンを設定することが、早くも発表された。同時にアウディはフランクフルトショーの会場で、電気自動車のe(イー)トロン・クワトロコンセプトを、満場のプレスの前でお披露目。「アウディが研究を重ねてきたeトロン・クワトロのテクノロジーが、この3つのモーターを用いたコンセプトモデルにより初めて具現されることになりました」。アウディAGの担当者はそう自信たっぷりに語ったのである。スタイリングもエッジが強調されたシャープなもので、近い将来、市場に導入されることが示唆されていたので、これから楽しみになる1台だ。

4人乗りの電気スポーツカー

ポルシェのコンセプトはミッションE。4シーターの電気スポーツカーで最高出力は440kW(660ps)をマーク。4輪駆動、4輪操舵で、走行中の操作は目と手の動作で行う。80%の充電が15分という速さは強烈だ。

ヴェイロンの後継が待たれるブガッティは、次期モデルに期待がつながるビジョングランツーリスモが登場。ゲーム内のバーチャルな存在がフルスケールモデルとなった。実際に最新技術が採用されているそう。

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!