2015.12.14

コンセプトカーが未来の世界を映しだす〜Vol.1〜

自動運転や自動安全技術などの言葉を聞いたことのある読者諸兄は多いはず。この分野で世界をリードしているのは、紛れもなくドイツの自動車メーカーだ。つまり、最先端を知るにはフランクフルトモーターショーを見るに如くはない。

人々を魅了するためだけがコンセプトモデルの存在価値

モーターショーの華は3つ。新車とオンナのコと、それにコンセプトカーだ。新車やコンパニオンについてはともかく、コンセプトカーは写真を見るだけでは「なんでこんなクルマを作ったのか?」と分からないことも多いのでは。とりわけ最近はその傾向を強く感じる。しかし、コンセプトカーという存在は、実は多くのことを語ってくれる。ドイツ・フランクフルトで開催されたモーターショーでも、魅力的なモデルが勢揃い。多くの入場者を楽しませてくれたのは、記憶に新しい。

そもそもコンセプトカーが生まれたのはいつだろうか。先鞭をつけたのは、米国のゼネラルモーターズ(GM)だ。1953年に全米各地で開催された「モトラマ」なるGMのモーターショーで、当時はドリームカーとも呼ばれた、ジェット戦闘機やロケットのようなコンセプトカーが展示されて、消費者を引きつけた。

走っている時に車体が40cmも伸び縮み


IAAコンセプトはレトロな外観と裏腹の先進コンセプト。走行中に車体一部が変型してCd値0.19を得るという。ホイールのスリットも自動で閉じるという空力実験車で、動力源は未発表だがハイブリッドの予定という。

このイベントの発想は、クルマに“スタイル”という概念をもちこんだGMの初代デザイン部長ハーリー・アールによるものだ。「我々は、毎年のモデルチェンジを提案する度に大衆の考えより2、3年は先を行っていなくてはならない」と明言したアールは、直接的に機能とは関係がなくても購買欲を刺激するためのあらゆる要素を採用した。ジェット戦闘機の空気取り入れ口や、ロケットのスタイビライザー(羽根)は、性能にはまったく影響はなかったが、クルマの速さを強調するとともに未来のイメージを喚起させるために取り入れられたという。おもしろいエピソードがある。

米国とソ連(当時)が冷戦状態にあった1959年にあって、訪米を敢行したニキタ・フルシチョフ第一書記を、ジョン・F・ケネディはテールフィンを持ったキャデラックで出迎えた。その際、フルシチョフが、送迎用キャデラックの巨大なテールフィンを指して「これは何のために?」と訊ねた。ジョン・Fの答えは「………」何も答えられなかったという。そんな時代がしばらく続いた後、コンセプトカーは、自動車メーカーの未来へのビジョンを見せるための役割をもつようになった。

ケネディ米大統領とフルシチョフ第一書記のエピソードから半世紀以上が経った今、フランクフルトショーに華を添えたのは、どれも環境問題を強く意識したモデルだった。

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!