2015.12.04

いま気になる時計は "ハイテク"な感じ〜Vol.2〜

理解するのが大変!?なハイテク機構も揃ってます

もはや時計は、時刻を表現するだけでは満足できません。

他社が真似できないような複雑な機構を開発しそれを見せつけるようなデザインを施すのが主流です。

HUBLOT[ウブロ]

MP-05 ラ・フェラーリ オールブラック/3342万円

まさに時計業界のスーパーカー

●左:名車ラ・フェラーリのエンジン構造を解析して設計したという特殊ムーブメントを搭載。時刻表示は左右に並んだ回転シリンダーを使って行います。専用の電動巻き上げ工具付き。手巻き、Tiケース(マイクロブラスト×ブラックPVD加工)(51.1×59.7㎜)、ラバーストラップ。世界限定50本/ウブロ●右:11個の香箱を並べており、連続駆動時間は約50日間!側面には縦置きトゥールビヨンを搭載している究極のマシンです。

HYT[エイチワイティー]

H4 ゴッサム/1300万円

もはや時針が存在していない!

時針の代わりに使用するのは、赤色に着色した特殊オイル。6時位置に配置したふたつのフイゴが時間とともに動き、少しずつオイルを押し出してチューブの中を移動させ、時針の代わりとしているのです。手巻き、3DTP™カーボンケース(51㎜)、ラバーにNomex™ファイバーコーティングストラップ/HYT(ノーブル スタイリング)

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!