2015.12.03

いま気になる時計は "ハイテク"な感じ〜Vol.1〜

素材や製法で軽やかさやスポーティ感を演出するハイテク系のファッションアイテムが人気の昨今、そんな気分が時計選びにも伝播しています。時計業界で"ハイテク"と言えば"素材"と"機構"。約2世紀前に完成したとされる時計機構ですがテクノロジーの力によって、新たな進化が始まります。

進化が止まらないハイテク素材

素材進化の方向性は、軽くて付け心地に優れた時計を開発することにあります。自動車産業や航空宇宙産業で使用される素材を取り入れるのが定石となっています。

Audemars Piguet[オーデマ ピゲ]

ロイヤル オーク コンセプト・ラップタイマーミハエル シューマッハ/2730万円

表情の豊かさもポイントに

●左:連続してラップタイム計測ができるクロノグラフ。カーボンと樹脂を金型に流し込み、圧力をかけて焼結させるフォージドカーボンケースは、軽くて強靭なうえにカーボンの荒々しい素材感も楽しめます。手巻き、フォージドカーボンケース(44㎜)、ラバーストラップ。221本限定/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)●右:搭載する手巻きムーブメントは、自社製のCal.2923。9時位置のプッシュボタンを使って、2本のクロノグラフ針を操作します。

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!