2015.11.25

「ヒューゴ ボス」がメルセデスF1チームとパートナーシップを開始

ドライバー目線で街の魅力を紹介するイベントを開催

ドイツ大使館にF1マシンが登場:ドイツ大使館のステージでは、ルイスと森星のインタビューも。また日本GPに向けての意気込みや応援メッセージなどが披露されました。会場にはマットブラックのSクラスクーペのほか、F1マシンも展示されており、来場者から熱い視線が集中。ファッションとモータースポーツが融合した一夜となりました。

2015年の1月より開始された「ヒューゴ ボス」とメルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラ・ワン・チームとのパートナーシップ。そのお披露目として開催されたパーティーでは、上海、モナコ、ロンドンなど、F1が開催される都市で、ルイス・ハミルトンなどのドライバーが独自の目線で街の魅力を紹介する「シティ ツアー」という企画を同時開催。その一環として日本グランプリのために、ルイスが来日したタイミングで行われたのが「シティ ツアー」の東京編です。

ドライバーのルイスとモデルの森星氏が都内各所の人気スポットを巡るこの企画では、前衛的な茶室「Shuhally」で庵主、松村宗亮より茶道を習い、東京湾では近未来的なデザインのクルーザーHotalunaに乗り、習字を学ぶという日本のオリエンタルな魅力を引き出した内容。また東京湾クルージング後には、日の出桟橋よりゴールとなるドイツ大使館に向けてライブ中継されるなど、ツアーは大盛況となりました。

ゴールに到着したふたりは、それぞれツアーの感想を述べたのちに、日本グランプリの優勝を祈願して、「ヒューゴ ボス」オリジナルだるまへ目入れを行い、イベントは終了。F1ワールドチャンピオンも大満足な内容に。もちろん日本グランプリではルイスが優勝というめでたい結果となりました。

文/いとう事務所

和の魅力を食事でも
ケータリングはもちろん和食。豪華な食材を手際良く職人が盛りつけ目にもおいしい食事を提供。


この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!