2015.11.11

クルマヒエラルキー大変革時代到来か!? Vol.2

アクの強さがそのまま独自性へと変わる

名前は違えど1000万円オーバーの同ブランドモデルがあるにもかかわらず、500万円前後でも全く見劣りしないモデルたちもある。その好例がレンジローバー・イヴォークだろう。レンジローバーブランドには言わずと知れたヴォーグがある。オートバイオグラフィーならば価格は1500万円だ。対してイヴォークのエントリーモデルは478万円。1000万円という圧倒的な差があるのにも関わらず、イヴォークに乗っている人に対して「この人はヴォーグが買えなかったから仕方なくイヴォークに乗っている」とは誰も思わない。イヴォーク独特の近未来なデザインや、日本の道路事情にマッチするサイズ感はまさに唯一無二。2ドアクーペならなおさらだ。

欧州ではすでにベストセラーモデルとして数々の賞を受賞

RANGE ROVER [レンジローバー]

Range Rover Evoque [レンジローバー イヴォーク]

■中身も年々進化し続けているのが魅力:デビュー当初より懸念だった燃費は9速ATを採用することによってカバー。いま海外ではオープンモデルの発表が騒がれており、まだまだ話題性に事欠かない。478万円~/レンジローバー(ランドローバー コール)

■LEDを多用し、キレのある独特のデザインセンス:イヴォークをきっかけに、今日のレンジローバー&ランドローバーのデザインがある。つまりデザインアイコンとして確固たる地位にあるのだ。

■SUVにして唯一無二の2ドア設定がある:今まで言葉ではスタイリッシュSUVなんてあったものの、大胆に2ドアを設定したのはイヴォークが初。デザイン性に振った潔さが◎。

PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!