2015.11.10

B.R.SHOP×マリア サンタンジェロのシャツ、即完しました!

※本特集は2015年7月号で掲載した企画の抜粋です。掲載商品は完売多数のため、在庫の確認や次回の発売予定については末尾の「お問い合わせ」にご連絡ください。

ブルーな夏シャツで一発イタリア~ン

今シーズン、旬なカラーとして人気絶頂なのがブルー。しかも着るだけでイタリアンなスタイルを楽しめる鮮やかなブルーのシャツが完成しました。

いまやネイビーに次ぐ定番カラーとして、好まれるのがブルー。その鮮やかな色味はリッチな雰囲気もあり、またリゾートなイメージも感じさせる実に便利なもの。鉄板コーディネートの「青×白」なんてこなしも容易にキマるため、重宝している方も多いはず。そこにさらなる今年らしさを加えてくれるのが「マリア サンタンジェロ」のシャツなのです。

まず見ていただきたいのが、このフレッシュな色合い。これくらい鮮やかなほうがイタリアオヤジの嗜好であり、陽気な色気をもたらしてくれる、という次第。もちろん同系色であるネイビーとの相性も抜群ですから、オンオフ問わずマルチに使えます。きっとこの一着でお洒落も気分もイタリアオヤジになりきれますよ。

イタリアンな別注ブルーカラー

イタリアらしい鮮やかな発色のシャツ「ENZO(エンツォ)」を、製品染めで仕上げたもの。真夏の青空のようにさわやかでありながら、色味に奥行きがあるため、着こなしが断然アダルトになるのです。また小襟になっているので、ほのかにモードな薫りが漂うのもシャツ一枚がキマるうれしいポイント。3万1000円/マリア サンタンジェロ(B.R.SHOP)

別注モデルでお洒落に微差が生まれます

シェイプを効かせたパターンワークによって、スッキリとしたシルエットを実現。ゆえに一枚で着てもサマになります。またスーツのインナーとして使えば、タイドアップに色気がプラスされて、差別化が図れます。左●シャツは上と同じ。スーツ11万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ) 、タイ1万2000円/エストネーション、ベルト1万6000円/アンボワーズ (ビームス 銀座)  右●シャツは上と同じ。ニット2万9000円/ザノーネ(シップス 銀座店)、パンツ3万円/ジェルマーノ(バインド ピーアール)、サングラス3万1000円/オリバーピープルズ(ブリンク・ベース)、ネックレス1万9000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、バングル5万3000円/フェデ(ストラスブルゴ)

左●通気性にも優れた素材:やや粗めの織りはジーロイングレーゼと呼ばれる通気性の良い絡み織りと呼ばれるもの。これは快適ですよ。 右●胸開き上手なボタン配置:第3ボタンの位置がわずかに上がっているためボタンをふたつ開けてもいやらしさを臭わせず色気を引き出すのです。

写真/渡辺修身(SAMMY STUDIO) スタイリング/四方章敬(code) ヘアメイク/古川 純

文/いとうゆうじ、竹内虎之介、竹石安宏(ともにシティライツ) イラスト/上杉忠弘



お問い合わせ







この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!