2015.09.17

デキるオヤジの “オイシ〜イ♥”夜遊び

お洒落も遊びも、実は女性が一枚上手。そこに真っ向勝負を挑むなら、オヤジなりに視点を変えていかないと。だからモテるためにはグルメ本なんかを参考にしてはいけません。もちろん「美味しい」に越したことはありませんがそういうのはたいていチェック済み、だったりしますからね。そこで本特集では夜をエンタテインメントに変えることをモットーにいろんな意味で"オイシ〜イ"お店を厳選。目ウロコなワザを駆使して、隣のオッサンと圧倒的な差をつけましょう。


Keyword 01 Live : ライブ型

こちらのバンカラは、オヤジと女性のリクエストにバンドマンたちが即興の生演奏で応えてくれるという仕組み。まぁ、言わばアーティストのライブみたいなものですから、店内揃って大盛り上がりなのは確実。楽器のナマ音をダイレクトに聴きながらの熱唱。これが気持ち良くないわけがありませんわなぁ。

しっぽりできるシートもあります

カラオケばかりに夢中になると、それはそれで熱すぎるのでお席はしっぽりコーナーのVIP席がよろしいかと。熱唱したあとは、レザー張りのソファでシャンパーニュを飲んでクールダウン、が大人のヤリクチです。

☎03-6434-5374

東京都港区六本木7-14-1 宝祥ソシアルビル8F

営業時間/20:00〜翌4:00 日祝定休

チャージ/1500円/h(〜23:00)、2500円/h(〜翌4:00)




Keyword 02 Hidden : お忍び型

■左:ラウンジへの通路になっている壁が「メルビン」への扉。絵画の掛かった壁が、専用ボタンでスライドしてオープン! ルーム名の「メルビン」は、1960年代に活躍したフォトグラファーの名。部屋には、ユニークでシュールな世界観の彼の作品が飾られ、秘密の部屋に迷い込んだ感満載です。

■右上:ラグジュアリーなラウンジやソファのあるテラス席などが大人の遊びゴコロを刺激する1967。カラオケルームがあることをご存知の方も多いですが、ヨコシマ心を満たすなら入口から近い「メルビン」は知る人ぞ知る空間。壁に見える扉が開き、ふたりだけの隠れ家が登場します。

■右下:メルビンの扉は、実は入口からすぐ。受付のスタッフ以外と目を合わせることなく直行できるため、お忍びデートには最高です。

☎03-5786-1967

東京都港区六本木5-10-25 EXけやき坂ビルL棟3F

営業時間/15:00〜翌5:00 無休

部屋料金/メルビン30分6000円~


スイートスペース ハグ (西麻布)

甘い歌声が似合う親密で落ち着いた空間

■左:入口にもっとも近い「ルーム1st」は、ふたりきりにぴったりの小部屋。掘りごたつ式なので親密な雰囲気を醸し出すのにうってつけです。12人まで対応できる「ルーム4th」(写真上)は、コの字型ソファのあるラグジュアリーな空間。大型モニターを見ながら、自宅のリビングルームのような寛ぎを味わえます。

■右上:西麻布の星条旗通りに、人知れずスイートルームのようなカラオケスペースが。全部で4タイプある部屋は、いずれもラグジュアリーさとアカデミックさのある落ち着いた空間。カラオケだけでなく、映画を鑑賞したり、しっぽりお酒を楽しんだり、お忍び個室として活用してください。

■右下:ルームタイプは4つ。「ルーム1st」は2~4名。「ルーム2nd」は4~14名。「ルーム3rd」は2~8名。「ルーム4th」は4~12名に対応。

☎03-5414-3111

東京都港区西麻布1-4-38 千歳ビルB1F

営業時間/18:00〜翌5:00、~翌3:00(土祝) 日定休

写真/阿部裕介、片桐 圭、小林孝至(イタルスタジオ)、豊田 亮、前田直子、森 浩輔

スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/古川 純

文/いとうゆうじ、井上真規子(Verb)、高橋 大(アトリエ・ヴィ)、牧口じゅん、LEON編集部

イラスト/森脇和則 マップ/地図屋もりそん 協力/Sachiko Uchida

2015年11月号より抜粋

LEON最新号で続きを読む



nov_2011_thumb




2015.11月号 No.169 / 980円(税込)



快楽スーツとデニムな感じ



必要なのは“お金じゃなくてセンス”です!



スーツって面倒臭い。そう思っている向きにこそ、ぜひぜひ読んでいただきたい第一特集は、“快楽主義”を掲げた一大スーツ特集。ノンストレスなジャージースーツから、スポーティーなナイロンスーツ、はたまたキメの3ピースまで、百花繚乱でお届けしております。着て気持ちいい、見られて気持ちいい“快楽スーツ”をご賞味あれ!






この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!