With NIKITA

あの”国内屈指の名店”が アクロバティック飛行を招聘

「アイアイ イスズ」×「ブライトリング」のイベント

31082016_nikita_01

青い空と海を舞台に、エアレーサーが舞う/■右:レースは瀬戸内海の多島美を舞台に、香川、瀬戸の都高松の魅力を伝えます。■左上と左中:エアレースさながらの迫力たっぷりなアクロバット飛行。■左下:レッドブル・エアレースで念願の初優勝を果たした室屋パイロットの凱旋パフォーマンスに大観衆の視線は釘付けに。

この春、開催された世界最速のモータースポーツシリーズの「レッドブル・エアレース千葉2016」では、初のアジア人パイロットである室屋義秀氏が見事初優勝を飾り、大歓声を集めました。その熱狂も冷めやらぬなか、さる7月3日、高松において室屋氏がアクロバティック飛行を披露しました。これは全国有数の都市型トライアスロン大会として注目を集める「サンポート高松トライアスロン2016」の開催を記念して、香川県トライアスロン協会、レースをサポートするアイアイ イスズ、ブライトリングらが招聘したもの。

地元開催を盛り上げるため、アイアイ イスズはレースのタイムキーパークロックを会場に設置。多くの航空ファンや時計愛好家が見守るなか、北沖合では室屋パイロットが駆る、鮮やかなイエローの機体にブライトリングのロゴを記したエアレーサーがスリリングで華麗な飛行を繰り広げました。また8月27日と28日には国内最大規模のブライトリングイベントとして「ブライトリングデイ at サンメッセ香川」が2年ぶりの開催へ。まさにこの夏は高松と香川がブライトリングとともに大空への熱い情熱で満たされそうです。

写真/idaten&kei 文/柴田 充

Related