With NIKITA

真のマッチョは力ずくではなく知性とシガーで主張しろ

今月の一本La Gloria Cubana

[ラ グロリア クバーナ]

hc_141016_02

5200円(1本)、10万4000円(1箱20本入)㉄LA CASA DEL HABANO by CIGAR CLUB ☎03-3583-7130

LA GLORIA CUBANA REVOLUTION リージョナル エディション2015

細いマッチョか、太マッチョか?人によって好みの分かれるところでしょうが、近頃はある種の“マッチョさ”が求められる時代になりました。ところが、マッチョという言葉には強靱さやたくましさのほかに、好戦的なイメージもあるので、右寄りのイデオロギーに偏りがちではある。そういう意味では、プーチンや習近平、金正恩やトランプという昨今のリーダーたちの顔ぶれを見ると、少なくとも政治的にはマッチョな時代という見立てもできるわけです。彼らに憧れるかどうかは別として。もっとも政治的にマッチョさを争ってもロクなことにならないので、そこはファッションで主張するのが大人の品性というものでしょう。

それこそマッチョの象徴、シガーの魅力を再発見するいいタイミングだと思うのです。例えば、このシガーは太マッチョ全開。直径約22㎜で、シガーでは最大級の太さを誇ります。たっぷりとした弩級の煙の濃密な味わいが魅力ですが、何より親指より太い葉巻をくわえる、その見た目が超マッチョ。手にするだけで、その人に不撓でタフなイメージを与えてくれるから不思議です。シガーには嗜好品を超えて、人のイメージを変貌させるチカラがあることを、もう一度味わってほしいと思うのであります。ちなみに、こちらはアジアパシフィック限定の一本だとか。何かと不穏な空気のアジアを煙に巻く意味でも、クールマッチョに味わってほしい一本であります。

PROFILE

中村孝則●コラムニスト
世界各地を独特の視点で読み歩き、さまざまなメディアでラグジュアリーライフを提案。シガー専門書「ザ・シガー・ライフ」(オータパブリケーションズ)を出版。

Related