With NIKITA

キャッチーな味わいと存在感を 共存できるのはこのロゼならでは

今月の一本アルマン・ド・ブリニャック ロゼ

ARMAND DE BRIGNAC ROSE

21092016_nikita_01

750㎖ 8万円/問:ADB JAPAN/☎080-3847-0212

ついにベールを脱いだセレブリティ・シャンパン

ラン・メゾン、レコルタン・マニュピュラン、コーポラティブ・マニュピュラン、ブドウ栽培農家などシャンパン造りに携わっている企業は5000社以上。うち日本に輸入されているものは200社ほどしかありません。世界4位の消費量を誇る我が国でもこの程度のこと。日本ではなかなかお目にかかれないけれど、世界的に注目されているアイテムはたっぷりあることがこれなら納得できますよね。その代表格が今回ご紹介する「アルマン・ド・ブリニャック」。

現在11代目、1763年創業のキャティア家が2000年収穫のブドウからさまざまなブレンディングを経て2006年、お目見えとなりました。ゴールドのボトルをご覧になったことがある方はいらっしゃると思います。そのロゼ・ヴァージョンがこちら。このシャンパン造りに携われるのは14人だけ。ボトルには1本ごと不可能とされていたミダスの創出をしています。味わいは熟成の研究をつき進めるとこうなるのか、と唸るふくよかさ。そしてキレの良い酸味とアタック。申し分のない黒ブドウのクオリティに驚かされます。

美味しいだけではない、口にした時の高揚感はこのシャンパンならでは。パーティー向きでもありますが、ぜひとも中国料理と合わせてみてほしい。蒸したてのエビシュウマイ、これを塩とレモンでどうぞ。至福の時間が訪れることをお約束いたします。

PROFILE

藤崎聡子●ワインスタイリスト
月3回のアジア入りで暑さの質が違うことを改めて知る今夏。この暑さではブルゴーニュタイプのグラスに、シャンパンをそ〜っとでもたっぷり注いで一気に飲むことが一番の幸せ。

Related