With NIKITA

「ブルネロ・クチネリ」が来日

クラフツマンシップで東北を支援するイベント

hc_141016_01

hc_141016_03

人としての豊かさをイベントを通じて提唱 / シンポジウムでクチネリさんが語ったのは人間主義的資本主義。「2011年に津波の被害を受けた地域において価値と人間活動の復活を目指して未来を見据える」という目的のもとに来日。利益のみを追求するのではなく、文化、教育、地域を大切にするための大いなる投資といえるのですよ。

職人技をどこよりも重んじるブランドが「ブルネロ・クチネリ」。そのご本人が去る8月末に来日いたしました。その目的は仙台市で開催された「未来創世についての仙台シンポジウム」に参加する、というもの。このプロジェクトは昨年、東北出身の若者11名が「ブルネロ・クチネリ」の拠点となるソロメオ村を訪問し、芸術と職業学校の授業に参加することからスタート。彼らが現地で学んだのは、地元への愛と職人への敬意。それは伝統と知恵、そこに宿る技などを後世に継承するために「ブルネロ・クチネリ」が投資していることですね。このスケールの大きさと深い愛情──ブランドの根幹がココにあるのですね。

文/いとうゆうじ

Related