With NIKITA

「ランボルギーニ ウラカン LP580-2」デビュー

スーパーカーの醍醐味を存分に味わえます!

nikita_07_09a

官能的ハンドリングを得たウラカン/「攻めやすい性能」が与えられたウラカンLP580-2。ドライバーの腕によってはLP610-4より速いラップタイムを記録できるかもしれない。

ランボルギーニの「ウラカン」にLP580-2が追加されました。これは同社の伝統に則ったネーミングで、LPはエンジンが縦置きミッドシップ、580は最高出力が580馬力であることを示しています。では“-2”はというと、2輪駆動を意味します。ちなみにデビュー当初のウラカンはLP610-4なので、エンジンの最高出力は610馬力で、4輪駆動を採用しているというわけです。

nikita_07_09b

限界的コーナリングを強力にサポート/V10 5.2ℓ自然吸気エンジンは最高出力580psを絞り出し、ANIMAはドライブトレインやシャシーを統合制御。スタート・ストップ・スイッチはセンターコンソール上に装備される。2280万円/ランボルギーニ(ランボルギーニお客様センター)

なぜランボルギーニはより高いスタビリティが得られる4輪駆動に加えて、あえて2輪駆動モデルを造ったのか? “軽快感”というのがその答えのひとつですが、実際には絶妙な味付けのサスペンションによって、4輪駆動モデルとは別物のハンドリングに仕上がっていることが大きな理由とのこと。あくまでも「スーパースポーツカーとしては」の注釈付きですが、LP610-4に比べて微妙にソフトなサスペンションのおかげでコーナリング中の挙動変化が明確にドライバーに伝わり、それに応じた適切な運転操作ができるように工夫されているのがLP580-2の魅力。つまり人馬一体感がより味わえるモデルというわけですね。

nikita_07_09c

ここまで読んでお分かりのとおり、ウラカンLP580-2はコーナリング性能を楽しむためのハンドリングマシン。オーストラリアのフィリップアイランド・サーキットで開かれた今回の国際試乗会では、限界の8割程度のペースからタイヤが滑り始めるシグナルを発進しはじめ、ドライバーに注意を促す設定であることが判明。もちろん、腕のあるドライバーならそこからさらに攻めてオーバーステアを引き出すもよし、そうでなければスロットルを穏やかに緩めれば安心してグリップ走行を楽しめる、いわば1台2役のスーパースポーツカーといえるのです。

文/大谷達也

nikita_07_09d
フィリップアイランド・サーキットに挑む
試乗会の舞台は大きく回り込む中高速コーナーが続くフィリップアイランド。LP580-2のハンドリングを試すには格好のコースでした。

Related