With NIKITA

イタリア生まれの黄金の泡がオヤジの口福をお約束

「フランチャコルタ協会」恒例の大使館パーティー開催

本誌主催のイベントでも度々登場し、その華やかでフルーティな口当たりが読者のみなさまを魅了したフランチャコルタ。伝統的な瓶内二次発酵のみで製造されるイタリアン・スパークリングワインの最高峰として日本のオヤジさん世代にもすっかり浸透した感がありますが、日伊国交150周年の節目にあたる昨年11月10日、フランチャコルタ協会による盛大なレセプションパーティー「Franciacorta Day 2016」が開催されました。会場となったイタリア大使館大使公邸には同協会会長のヴィットリオ・モレッティ氏をはじめ、現地から多くの生産者が来場。本誌でおなじみの「カ・デル・ボスコ」ほか、合計29ものワイナリーが一堂に会し、各々が自慢のフランチャコルタで各界より招かれたゲストたちを歓迎しました。

hc_141016_05

美酒と美食を堪能したラグジュアリーな宴
上●特別な一夜のためにフランチャコルタ協会会長モレッティ氏(中央右)が来日。「日本でのフランチャコルタのさらなる成功を信じています」。
下左●厳選素材で創作された料理がフランチャコルタの名脇役に。
下右●漆黒のカウンターにはさまざまな銘柄がずらりと並びました。それぞれの個性を一挙に楽しめる、またとないチャンス。

黄金色に輝く極上の泡との最高のマリアージュとして振る舞われたのは、三ツ星獲得シェフ、ハインツ・ベック氏によるスペシャルメニュー。“美食と健康”の観点より研究にいそしみ、シェフの枠を超えて活動を続ける氏が腕をふるった料理も紳士淑女たちの舌を大いに楽しませた模様です。「2016年は日本におけるフランチャコルタの売り上げがとても好調でした」と胸を張ったモレッティ氏。パーティー会場に溢れる熱気は、その目覚ましい人気ぶりを象徴するかのようでした。「日本料理とも相性抜群」と氏が太鼓判を押すフランチャコルタ。2017年もさまざまなシーンで、あなたの口福時間をお約束します。

文/吉田奈緒子(本誌)

Related