With NIKITA

この冬、東京のど真ん中で”北海道デート”が叶います!

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の北海道ブッフェ

北海道旅行の醍醐味といえば、新鮮な魚介をはじめとしたご当地グルメ。彼女とふたりで欲望のままに絶品を食べ尽くす旅は、ある意味、非現実の逃避行といえましょう。しかし、みなさま多忙ですし、お泊り前提だとハードルが高かったりもする。そこで、気軽に誘うのにオススメなのが、いま「ANAインターコンチネンタルホテル東京」が開催している“北海道ディナーブッフェ”。ブッフェというと大衆的なイメージもありますが、このブッフェは素材からいって格が違う。というのも「ANAクラウンプラザホテル釧路」の総料理長・楡金(にれがね)久幸氏の協力を得て、現地のシェフならではの流通ルートをもって北の素材を集めているのです。

hc_141016_02

50種の北海道メニューがズラリ!これ完全に祭りです!
左上●釧路の魚市場の飲食店のように、好きな魚介を盛れる海鮮丼も目玉のひとつ。イクラ、イカ、サーモンなどが並びます。右上●上から、楡金シェフが推奨する真タコと水菜のしゃぶしゃぶ、砂海老のポレンタフライ、キュウリ魚のエスカベージュ。下●手前が釧路名物の鉄板スパカツ。

会場となる「カスケイドカフェ」に並ぶのは、50種もの北海道メニュー。まず、イクラと蟹が食べ放題という時点で興奮状態になる女性は多いはずで、さらに肉食女子にうれしいのがエゾ鹿のメニュー。エゾ鹿のキーマカレー、カツレツと、かつて食べたことのない鹿料理も並びます。なので別途赤ワインをオーダーするのもお忘れなく。

そして、釧路育ちの楡金シェフの一品が、キュウリ魚や砂海老など、東京では珍しい魚介を使った洋食メニュー。一歩踏み込んだそれらメニューをシェアすれば、食への知的好奇心を披露することもできるでしょう。そして北海道産赤肉メロンのデザートを食べればこのブッフェは完結。最後、「じゃあ、今度は本当に北海道に行ってみようか」というお誘いにステップアップしてくだいませ!

文/大石智子

hc_141016_05
会場の「カスケイドカフェ」“北海道スペシャルディナーブッフェ”
会場:東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京2F「カスケイドカフェ」 ☎03-3505-1185
期間:3月31日まで 時間:平日18:00〜21:00(土日祝日17:00〜)LO21:00
料金:大人平日6090円(土日祝6680円)税・サービス料別

Related