WATCH WATCHER

バーゼル新作時計リポート

クラシック回帰ではなくヴィンテージを現代的に

バーゼル新作時計リポート〜クラシック回帰ではなくヴィンテージを現代的に〜

時計

バーゼル新作時計リポート〜クラシック回帰ではなくヴィンテージを現代的に〜

今や復刻時計はウォッチデザインのスタイルとして定着しドレス、スポーツを問わず、それぞれのカテゴリーを席巻します。しかし今年際立ったのは、クラシックの現代的解釈。時代の感性や最新鋭の技術を注ぐことで、ヴィンテージに現役感を吹き込む。そんなプロスペクティブなスタイルに注目です。

復刻モデルはヴィンテージスタイルを気軽に楽しむことができます。しかしオリジナルをそのまま再現するだけではオタクなコスプレに見えてしまうことも。ファッションに例えていえば、何十年もしまい込んでいた服を取り出して着るようなものです。そこでパテック フィリップは永久カレンダーにヴィンテージの息吹を盛り込み、ブルガリは薄型という伝統の様式をコンテンポラリーなスタイルで表現しました。またブレゲは文字盤の細部に百合の花や星形を記し、なんとも可愛らしく進化させています。いずれも時計史の文脈に沿うとともに、いまのファッションにも違和感なく溶け込み、大人の余裕を感じさせるのです。

クラシックスタイル×お茶目がモダンな印象に

左●クラシック 7787 ムーンフェイズ/327万円(予価)
右●ビッグクラウン1917 リミテッドエディション/22万円(予価)

1

左●エナメル文字盤にブレゲ数字と細く長いブルーのアップル針を組み合わせ、百合の花やダイヤ、矢印のパターンがお茶目さを演出します / 自動巻き、18KWGケース(39㎜)、アリゲーターストラップ。今夏以降発売予定/ブレゲ(ブレゲ ブティック 銀座)
右●1917年のアーカイブを復刻 / ダブルカフストラップが今のファッションにもぴったり。自動巻き、SSケース(40㎜)、カーフストラップ。9月発売予定/オリス(ユーロパッション)

Omega[オメガ]

“オメガ 1957 トリロジー”
左●シーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション/75万円
中●レイルマスター マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション/73万円
右●スピードマスター 60周年リミテッド エディション/77万円

2

デジタルスキャンで現物から図面を起したマスター三兄弟
クロノグラフとダイバーズと耐磁モデルの3本のプロフェッショナルを出したのが1957年。その60周年記念トリオは、当時のモデルは残っていたものの設計図がなかったため、デジタルスキャンを駆使し再現したというハイテクな復刻もの。1本でも3本セットでも購入できます。
左●自動巻き、SSケース(39㎜)×ブレスレット。6月発売予定
中●自動巻き、SSケース(38㎜)×ブレスレット。6月発売予定
右●手巻き、SSケース(38.6㎜)×ブレスレット。6月発売予定/すべてオメガ(オメガお客様センター)

Bulgari[ブルガリ]

オクト フィニッシモ オートマティック/155万円

3

伝統の薄型もコンテンポラリーに
世界最薄の自動巻きを実現するため、素材から検討し、高硬度なマットカラーのチタンを採用。その薄さに合わせてブレスレットやバックルまで新たに設計しました。自動巻き、Tiケース(40㎜)×ブレスレット。発売中/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)

Patek Philippe[パテック フィリップ]

永久カレンダー Ref.5320/902万円(予価)

4

コンテンポラリーヴィンテージな永久カレンダー
1940~50年代に用いられた3重ラグやマリナー針を盛り込み古臭くないヴィンテージスタイルを実現。自動巻き、18KWGケース(40㎜)、アリゲーターストラップ。今秋発売予定/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)

■お問い合わせ
ブレゲ ブティック 銀座 03-6254-7211
ユーロパッション 03-5295-0411
オメガお客様センター 03-5952-4400
ブルガリ ジャパン 03-6362-0100
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109

写真/堀 応樹 取材・文/柴田 充
2017年6月号より

Related