watch watcher

知らないより知っていたほうがいい「SS」「WG」「Pt」のコト

"違いのわかるオトコ"になるために

〜Vol.2〜

“違いのわかるオトコ”になるために〜Vol.2〜

WATCH WATCHER

“違いのわかるオトコ”になるために〜Vol.2〜

見た目は似ていても違いはさまざまあるんです

一見すると同一モデルにも思えますが実はこれらは、素材が異なるモデルたち。
どれもが定番の人気モデルですから微妙な違いを理解することで自己満足の極みを楽しみましょう。

Omega[オメガ]

左:シーマスター 300/64万円 右:シーマスター 300/640万円

watch1120_01

高機能なのにラグジュアリー

1957年に登場した初代シーマスターのデザインを引用しつつ、15000ガウスもの耐磁性を備えたマスターコーアクシャルムーブメントを搭載。どちらもガシ使いするのに最適です。プラチナモデルのみ、エナメルダイヤルを採用。左:自動巻き、SSケース(41㎜)×ブレスレット、右:自動巻き、Ptケース(41㎜)×ブレスレット。世界限定357本/ともにオメガ(オメガお客様センター)

Rolex[ロレックス]

左:オイスター パーペチュアル デイデイト 40 358万円(予価) 右:オイスター パーペチュアル デイデイト 40 596万円(予価)

watch1120_04

別格のステイタスをどう楽しむか

貴金属製モデルのみがラインナップされる「デイデイト」は、“プレジデントウォッチ”とも呼ばれ、ロレックスのなかで最高位とされています。ちなみにアイスブルーのダイヤルはプラチナモデルのみの特権ですから、さらに強烈なオーラを放ちますよ。右●自動巻き、Ptケース(40㎜)×ブレスレット、左●自動巻き、18KWGケース(40㎜)×ブレスレット(ともに今夏発売予定)/ともにロレックス(日本ロレックス)

Jaeger-LeCoultre[ジャガー・ルクルト]

左:グランド・レベルソ・ウルトラスリム 80万5000円 右:グランド・レベルソ・ウルトラスリム1931・セントラル・セコンド/215万円

watch1120_03

歴史重視、それともステイタス?

ポロ競技用の時計として登場した「レベルソ」ですが、ヴィンテージ風のセンターセコンドには、高級感のあるホワイトゴールドがよく似合う。一方でタフなステンレススチールも、人気モデルです。右●自動巻き、18KWGケース(46.8×27.4㎜)、アリゲーターストラップ。ブティック限定、左●手巻き、SSケース(46.8×27.4㎜)、クロコダイルストラップ/ともにジャガー・ルクルト

Vacheron Constantin[ヴァシュロン・コンスタンタン]

左:パトリモニー 207万5000円 右:パトリモニー 355万円

watch1120_02

ドレスウォッチの悩ましい選択肢

2針ノンデイトの端正なデザインを引き立てるように、白色貴金属ケースを採用。プラチナモデルはマットグレーのダイヤルで落ち着いた雰囲気に、ホワイトゴールドはオパリンダイヤルで品良くまとめており、異なる個性を発揮。右●手巻き、Ptケース(40㎜)、アリゲーターストラップ、左●手巻き、18KWGケース(40㎜)、アリゲーターストラップ/ともにヴァシュロン・コンスタンタン

watch1120_05
機構も素材もハイエンドです
Audemars Piguet[オーデマ ピゲ]

ロイヤル オーク グランド コンプリカシオン 7155万円

パーペチュアルカレンダーやミニッツリピーターを搭載している雲上モデルは、その格に合わせてホワイトゴールドケースを採用しています。自動巻き、18KWGケース(44㎜)×ブレスレット。オーダー生産/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)

写真/人物・前田 晃、静物・奥山栄一(cuva cuva)
スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/古川 純 文/篠田哲生

Related