watch watcher

最新最旬時計カタログ2015

最新最旬時計カタログ2015 Vol.01

WATCH WATCHER

最新最旬時計カタログ2015 Vol.01 (1/2)

アップルウォッチ本格参入により、今後の新たな展開が期待される時計業界。そんな影響からか今回のジュネーブとバーゼルの時計フェアはラグジュアリーウォッチの転換期となった年として後世にまで語り継がれる可能性を秘めるほどそれぞれのブランドが魅力的な新モデルを発表していた。各社各様のアイデンティティを遺憾なく発揮した今年の新作を、本頁では一挙に紹介したいと思う。

Cartier [カルティエ]

新しいアイコンとなるコレクションを発表

まったく新しいコレクションの「クレ ドゥ カルティエ」を発表。「サントス」、「タンク」、「バロン ブルー」に次ぐ第4のアイコンと位置づけられた大注目作だ。

「鍵」をモチーフにしたリュウズが特徴

クレ ドゥ カルティエ/398万円

watch_ctlg1_01

「クレ」とはフランス語で「鍵」の意味で、鍵のように90度回して使用する角形のリュウズが特徴。その角形のリュウズがケースサイドに納まり、流れるようなフォルムになっているが新しいのだ。自動巻き、18KPGケース(40㎜)×ブレスレット。発売中/カルティエ(カルティエ カスタマーサービスセンター)/Photo 2000 © Cartier

昨年の大ヒット作のブラックケース仕様

カリブル ドゥ カルティエ ダイバー カーボン ウォッチ/129万円

watch_ctlg1_02

昨年、発表されたカルティエ初の本格ダイバーズにブラックケースが新登場。マットなブラックでより精悍な雰囲気に付けこなせる。自動巻き、ADLCコーティングのSS×18KPGケース(42㎜)、ラバーストラップ。300m防水。発売中/カルティエ(カルティエ カスタマーサービスセンター)/Photo 2000 © Cartier

新開発の自動巻きムーブメントを搭載

クレ ドゥ カルティエ/230万円

watch_ctlg1_03

楕円形のフォルムにラグを一体化させた、まったく新しいケースデザインに注目。新開発の自動巻きムーブメントの搭載も大きな魅力だ。自動巻き、18KWGケース(40㎜)、アリゲーターストラップ。発売中/カルティエ(カルティエ カスタマーサービスセンター)/Photo 2000 © Cartier

次のページへ
Panerai [パネライ]

Related