オヤジのトキメキダイニング

Piccolo Vaso

[ 神奈川県・逗子 ]

Piccolo Vaso[神奈川県・逗子]

オヤジのトキメキダイニング

Piccolo Vaso[神奈川県・逗子]

tokimeki_1230_02

イタリアを旅行すると、漁港には必ず美味しいイタリアンがあることに気がつくはず。そんなウンチクを挟みながら立ち寄りたいのがこちら。そばのハーバーにはヨットが停泊していて、夜な夜な賑わう漁港イタリアンです。なぜか日本では見られない光景だけど、この小さな“ピッコロヴァーゾ”は、そんな素敵な空気が流れるお店。オーナーの堀 雅臣氏は無愛想で有名?(笑)みたいだけど、本当だったら誰もリピートしませんから。愛すべき無愛想オヤジは、地元逗子生まれ。東京で料理人として修業後、お店を始めたのが23年前。お店では厨房には入らず、サービスをしてくださるのですが、料理人は変えても味は変えないマネージメント能力に拍手です。長く変わらない味と顧客をもち、こんなに愛されているレストランは数少ないはず。YULI*YULIにとって以前は東京からわざわざ食べに行くお店だったけど、今は自宅から歩いて行けるイタリア食堂として、行きつけのお店をもてた小さな幸せを感じています。こんなお店ありでしょ。

指定席は漁港とヤシの木を一望です

tokimeki_1230_01

ヤシの木はお隣のヨットハーバーに続く道です。毎春、ここに巣を作るツバメもピッコロヴァーゾの顧客なの♪

お隣小坪漁港の魚介が美しいひと皿に

tokimeki_1230_03

メトイカのガーリックソテーは磯の香りをたっぷり満喫。ファンの多い定番しらすとアンチョビのピザも必食よ。冬のご馳走、牡蠣と白菜、トマトのスパゲティもね。

写真/久保田育男(OWL)
ナビゲーション・文/YULI*YULI
2014年3月号より抜粋

tokimeki_1230_04
淑女のちょこっと寄り道
小坪漁港は小規模とはいえ、東京の有名寿司店も仕入れに来るほど質の高い海の幸が自慢。癒されるひなびた景色の先にはサーファー憧れの大崎ポイントがあるし、ヤシの木道も南仏リゾートみたいなの。
0467-24-5858
神奈川県逗子市小坪4-4-7
営業/11:00〜14:00(L.O.)、17:30〜22:00(L.O.21:00)水休
●メトイカのガーリックソテー1575円、しらすとアンチョビのピザ1575円、ジュース各種525円

神奈川県逗子市小坪4-4-7

Rozzo Sicilia

ピッコロヴァーゾ
0467-24-5858
神奈川県逗子市小坪4-4-7
営業/11:00〜14:00(L.O.)、17:30〜22:00(L.O.21:00)水休

Related