Henry Cotton’s

イタリアブランドらしく、春夏シーズンにもレザーアイテムがラインナップ

M-65タイプでミリタリーテイストのジャッコーネは、スエードレザーに施したパンチングと淡いサンドカラーでエレガントに仕上げ、この季節にふさわしい軽やかさを演出しています。レザーには異なる2種類のマテリアルをパフィング(起毛)し、パンチング加工したものを使用。フロントにはダブルジップをあしらい、裏地にはシャンブレージャカードを、そして赤のステッチを施すなど、ヘンリーコットンズらしい遊び心がディテールに生かされています。同じパンチングレザーを用いたダスティグレーのボンバージャケットもラインナップします。ダブルジップ仕様のネイビーのショートレザーは、インディゴ染めしたナッパを使用。強靭で柔らかく、独特の光沢と色合いを生かしたシンプルなデザインで、きれいめのウールパンツと合わせて、大人っぽく着こなすのがオススメです。



  • 01

    バックスタイルも手抜かりはナシ

    ネイビーのブルゾンは、背面の襟下部分にブランドのレザータブがあしらわれます。この意匠、ボディと同色になっているため、これ見よがしではない、さり気ないセンスを主張してくれるのです。

  • 02

    否が応でも目を引く赤のポイント使い

    M-65ブルゾンのジャケットの内側には差し色の赤でパイピングやステッチ、そしてボタンが彩られています。ジャケットの裾が翻った時にも目を引くこの仕掛けにも、ディテールにこだわるブランドらしさが表れています。

レザージャケット 上から¥139,000 ¥149,000 ¥139,000 (本体価格)
*右下のボンバージャケットは参考色で、実際はダスティグレーの販売になります。

文/持田慎司

ヘンリーコットンズ一覧ページへ


henrycottons_banner

Related