しあわせグルマ

ボルボ XC90×おとぎの宿 米屋

ボルボ XC90×おとぎの宿 米屋

しあわせグルマ

ボルボ XC90×おとぎの宿 米屋 (1/4)

※本特集は2016年6月号で掲載した企画の抜粋です。

女性がオヤジさんに求めるのは、安心感。でも洗練されていなくてはモテる要素にはつながりません。このふたつをミックスしたのが最新のボルボ XC90です。まるで北欧家具の世界観をそのまま反映させたクルマに乗って、おとぎ話のような時間を過ごせる宿に行ってきました。

男はクルマに夢を見て女は宿に夢を見る

オヤジさんにとってクルマは、ひとつの自己実現ともいえます。なりたい自分になるため、もしくは理想的なライフスタイルを叶えるために理想の一台を探し求めているわけです。だから人それぞれに好みが違うのも当然のことかと。そんな幅広い選択肢のなかで進化が著しいのがSUVです。もともとは悪路も走破できるタフなスペックをもったクルマでしたが、人も荷物もたくさんのるという利便性ゆえに、いまではより快適性やラグジュアリー感が追求されたSUVが登場しています。その結果、実用性を重視する都市生活者であるオヤジさんたちに選ばれるようになったのです。

とはいえ、モテるためには便利なだけではダメですよね。洒脱で洗練されたデザインとインテリアがあってこそ、はじめて“しあわせグルマ”といえるわけで……。というような条件を兼ね備えたクルマとして今回選んだのがボルボ XC90です。以前からそのブランドイメージには安全性という価値観が備わっていましたが、最新のXC90はそこに加えて北欧の洗練された雰囲気を身に纏っていたのです。しかも、また、その表現方法が実にあっさりとしていて、外観のデザインも個性はあるのに押しつけがましくないという絶妙なサジ加減。クルマから放たれるオーラは北欧家具さながらのシンプルモダンなイメージですから、女性の好感度も高く、おもてなしグルマとしてはここ最近にない大ヒットかと。

1

さあ、おとぎ話の始まり始まりです / 丘の上に建つ宿の空にはご覧のようなまんまるのお月さまがぽっかりと浮かんでいました。ふたりで、ゆったりと空を眺めていたらなんだかおとぎ話のお殿様とお姫様気分に―。

そのXC90を走らせて向かったのは、福島県の須賀川温泉。立地的には郡山よりちょっと手前ですから、お泊まりドライブデートにはほどよい距離ではないでしょうか。そしてスマートインターチェンジを降りること約5分。広々としたのどかな田園風景を抜けて、小高い丘の上に目的の宿はぽつりと建てられていました。

宿へのスロープを走りながら「おとぎ話に出てきそうなロケーションだなぁ」なんて思っていると両脇には蕾をふくらませた桜並木が。そうです、取材時にはまだ桜は開花していなかったのですね。そこで「花咲か爺さんでもいたらいいのに」なんて思ってしまうあたり、おとぎ話は日本人の心を和ませてくれることを改めて感じたという次第。その、おとぎの宿 米屋での滞在は、ほのぼのとして、のんびりできて、女性を癒してくれる効果も抜群だったのです。

次のページへ
田舎も都会も似合う新時代のSUVです

Related