しあわせグルマ

Lexus RC300h × 滝亭

Lexus RC300h × 滝亭

しあわせグルマ

Lexus RC300h × 滝亭 (1/3)

※本特集は2015年12月号で掲載した企画の抜粋です。

そろそろドライブデートにちょうどいい季節。たまにはちょっと遠出でも、なんていうのにぴったりな目的地・金沢へ――。スポーティなおもてなしグルマでお出かけしてきました。

理想的な”逆もてなし”を引き出せるかもしれません

デートにおいて、おもてなしというと、それはほぼオヤジさんの役割。ゆえ、約束を取りつけ次第、いつ、どこで、何を、というシチュエーションを設定しますよね。でも、それらはいわゆるテクニックのようなもの。根本の目的にあるのは、いかに喜んでもらうか、というおもてなしの気持ち。これがあるからこそ、オヤジさんは過去の経験と知識をフル活用し、そこに最新の情報をミックスして独自の手法を切り拓くわけです。いやぁ、実に素晴らしい。そして、そういうことをひたむきに続けていくとときどき、ご褒美のようなことが起きたりする。それが逆もてなし、というか女性からのおもてなし。口にはせずとも「いつもありがとう」という気持ちが込められたその行為は、些細なことであれ、恥ずかしながら感動してしまいます。それをごく自然に引き出す手法としてオススメしたいのが、ロングドライブなのです。

22082016_siawase_01

インパクトのあるエントランスです / 瓦葺きの壮大な雨除けのしつらえや掃き清められた玄関周りからして、これはいい旅になりそう、という印象を抱けるお宿です。

特に今回は、東京から金沢まで約6時間の長旅。別に出発地は名古屋でも大阪でもいいのですが、北陸新幹線が開通したことで注目を浴びている金沢にクルマで行く、というのが大切なのです。そこでチョイスしたクルマがレクサスRC300h。そのルックスたるや抑揚の効いたボディラインや攻めるようなグリルとヘッドライトのデザインが象徴するように、いかにもスポーツカー然としたもの。それが、ですね。ひと度エンジンをかけると「あれ?始動してるのかな」なんていうハイブリッド車そのもののスムーズさ。だからこそ、このクルマは女性でも運転しやすい。ということは「ちょっと運転代わるね?」という、女性からのおもてなしの言葉を引き出せる可能性を秘めている、ともいえるのです。そんな上手い話があるわけが……、と思われるかもしれませんが、昨今の格好いい女性は自分で運転できて当たり前。むしろ、運転は男がするべきという考えのほうが、アップデイトされていない、とも言えます。ということで、実はロングドライブデートにはコレしかない、というくらいふさわしい選択肢だったのです。

22082016_siawase_02

市街にほど近いのに開放的な景色 / 金沢市街からクルマで12〜13分ほどの立地なのに、宿の周りにはこんな田園風景が広がり眼前には犀川も流れます。どことなく懐かしい秋の景色が心を和ませロングドライブの疲れと緊張感をやんわりと解きほぐしてくれますよ。

次のページへ
おもてなしの粋が凝縮したクルマ

Related