Feature

「ブルーミング タイ by ニコライ・バーグマン」
のタイ
(夜の)蝶も止まる!? 胸元ブーケ

「ブルーミング タイ by ニコライ・バーグマン」のタイ<br>(夜の)蝶も止まる!? 胸元ブーケ

Feature

「ブルーミング タイ by ニコライ・バーグマン」のタイ
(夜の)蝶も止まる!? 胸元ブーケ

モテたいオヤジの皆さまでしたら、美しい夜の蝶(蛾ではありませんよ)とは、ネオン街という煌びやかな森で、一度や二度、いやもっと!? 出会ったことがあるかと存じます。
華やかな着物やドレスを纏った夜の蝶たちは殿方のヨモヤマ話からためになる話、そして一緒に飲む泡が極上の蜜。
今夜もあらゆる森へ忙しなく羽ばたいていることでしょう。
で、本題は気になる蝶の上手な捕まえ方。
旋回戦術が上手くてなかなか捕まえられないんだよね……とお嘆きならば、花束をプレゼントしてみてはどうでしょう。

re8

(左)「そのタイ、きれいね♥」と思わず蝶の手が止まるかも/タイ1万円/ブルーミング by ニコライ・バーグマン(永島服飾)、フラワーボックス3500円/ニコライ・バーグマン(伊勢丹新宿店)、スーツ11万9000円/ラルディーニ、シャツ1万5000円/ブリッラ ペル イル グスト(ともにビームスF 新宿)、サングラス5万4000円/ディータ(オプティカルテーラー クレイドル青山店)、時計407万5000円/ヴァシュロン・コンスタンタン
(右上)花金には迷わず”花タイ”を!/グラフィック処理を施した素材をフラワーパターンに仕上げたこだわりのアイテム。全20柄で全国百貨店・オンラインストアにて発売中。1万円〜/ブルーミング タイ by ニコライ・バーグマン(永島服飾)

そんなの普通すぎるって?いいえ、この胸元に華やぐブーケとともにです。
そう、花柄なんてタイの世界には有り余るほど存在しますが、こちらはあの「女性がもらってうれしいフラワーギフト」の殿堂であるニコライ・バーグマン氏が手がけているんですね。
彼が提案する独特な花の色彩が、Vゾーンを鮮やかに彩ります。
タイに目がいった蝶から「ニコライ・バーグマンのですか!? 私、あそこのお花大好きなんです。選ぶセンスも素敵!」と言われたら「実は君の分も選んでおいたんだ」と生花ブーケも忘れずに。
ちなみに光沢がある生地ゆえ、夜も胸元ブーケは咲き続けます。
ゆえに蝶たちの手にたくさん止まること、大保証いたします♥

■お問い合わせ
永島服飾 03-5342-0771
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
ビームスF 新宿 03-5368-7305
オプティカルテーラー クレイドル青山店 03-6418-0577
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

写真/隈田一郎 スタイリング/村上忠正 ヘアメイク/Ryohei Katsuma(masculin) 文/八木千晶(本誌)
2017年5月号より

Related