Feature

15年経って変わらないトコ変わったトコ

やっぱりイタリアオヤジは
お洒落のお手本!

やっぱりイタリアオヤジはお洒落のお手本!

Feature

やっぱりイタリアオヤジはお洒落のお手本! (1/2)

創刊以来15年、LEONではイタリアオヤジをお洒落のお手本として、ずっと参考にしてきました。で、改めて15年分のスナップを眺め直すと、見えてくるんですね

いろんなことが。なかでも強く感じたのは、単純に「やっぱりイタリアオヤジって格好いい」ということ。もちろん変わった部分はたくさんあります。でも変わらない格好良さ、が驚くほど多いのです。そこで本特集では、そんなイタリアオヤジの変わらないコト変わったコトを徹底検証いたします。ちなみに下の写真は14年前のひとコマ。どうです、”普遍的な格好良さ”の核心がなんだか見えてくる気がしませんか?

Sizingサイジング

ココが変わらない!冬のイタリアオヤジのお洒落の基本

まずは下の写真をご覧ください。ご存知リーノさんです、が、実はコレ2003年の写真なのです。これぞイタオヤの”変わらない”を象徴する一枚。そして、イタオヤの”変わらない”は、単に変化していないのではなく、今なおそのスタイルが通用するところに意味があるのです。じゃいったい何が変わらないのかというと、お洒落の基本中の基本たるサイジングが変わらないのですよ。

future_03_02_a

変わらないのは”格好いい”が基本ゆえ

リーノさんはスタイルの基本が変わりません。それでも時代遅れに見えないのは、イタオヤの基本が格好いいこと、モテること、だから。

 

future_03_02_b

■左:欲しいのは男らしい逆三角形のシルエット シングルでもダブルでもジャケットはジャストサイジング。すると自然に胸板が厚く男らしい逆三角形のシルエットが生まれるのです。ジャケットの丈がちょい短ければ、今と何ら変わりませんね!
■中:テーパードがもっともキレイに見えるのはコレ テーパードのパンツからノークッションで靴へとつながるこのシルエット。結局コレが、脚を一番長くキレイに見せるのですよ。ハーフクッションでこなしても、上品かつ今どきに見えますぞ。
■右:そりゃ脚は長くすっきり見せたいですから なんだかんだいっても、脚はすっきり長く見えたほうがモテる。だからパンツはテーパード。ほら、やっぱり格好いいでしょ?このシルエットの美しさは、いつの時代もモテるお手本ですな。

次のページへ
洒落たコートのこなしは「スポルベリーノ」が基本です

Related